『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』がアニメ映画化、制作・声優は豪華仕様

2017年8月14日 21:13

小

中

大

印刷

『君の名は。』など人気作品を手掛けたメンバーが多く集まる本作。夏のダークホースとなるか(c)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会

『君の名は。』など人気作品を手掛けたメンバーが多く集まる本作。夏のダークホースとなるか(c)2017「打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?」製作委員会[写真拡大]

写真の拡大

■伝説とまで言われたドラマがアニメで復活

 『君の名は。』のヒットを受け、映画の中でもアニメ映画への期待度は非常に高まっている。そんな期待の中、2017年8月18日にはアニメ映画『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』が公開予定となっている。本作は過去にドラマで放送された作品だが、その革新的な内容は今や伝説とまで言われている。

【こちらも】映画『打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?』コラボカフェが池袋・名古屋パルコに

■『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』とは

 『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』は岩井俊二が演出を施したテレビドラマ。元々は短編ドラマの1つであったが、結局は単体で放送されることになった。独特なフィルム効果を用いることで映像演出に新しい道を見出し、さらにストーリーとしても高く評価されている作品だ。

 典道と祐介は仲の良い友人だったが、2人とも同級生のなずなに思いを寄せている。いつかは思いを伝えようとしていた2人だが、それを待たずしてなずなは両親の離婚によって転校することになってしまう。両親の決定に納得できなかったなずなは、プールで競争する典道と祐介に「勝った方が私と駆け落ちしてくれない?」と持ち掛ける。その勝負に典道は負けてしまい、なずなと祐介が花火に出掛けてしまう。

 しかし、このドラマでは典道が勝ったパターンの物語も後に放送したのだ。もちろん、典道と祐介の双方のドラマを映し出すことに意味があるのだが、当時としては新しい手法ということもあって視聴者の度肝を抜いた。

■「青春×タイムループ」としてアニメで復活

 革新的な演出と物語によって注目された『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』だが、今回、アニメ映画として復活する。基本的な設定はドラマと同じにしながら、アニメでしか映像化できない「タイムループ」の部分に力を入れることになるようだ。

 伝説的ドラマのアニメ映画化であるが、声優には菅田将暉・広瀬すず・宮野真守と人気芸能人と声優を起用。さらに、制作は『化物語』を生み出した新房監督、プロデューサーは『君の名は。』の川村元気。制作人だけ見ると全くスキのない布陣となっており、誰か1人でも知っているのならば見る価値はあるだろう。

 映画業界としては『君の名は。』に続くヒットを生み出す意気込みで、『打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?』に掛ける情熱もPVから伺える。夏の映画でまだしっくり来たものがなければ、夏の最後に映画館へ足を運んでみるのはいかがだろうか。(記事:藤田竜一・記事一覧を見る

関連キーワード声優広瀬すず同級生化物語宮野真守川村元気菅田将暉打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?

広告