中部電力、AI活用し電気使用量を分析するサービスの検証を開始

2017年7月7日 09:13

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

現在、人工知能(AI)は様々な分野で活用され始めている。今回、中部電力<9502>は、米国Bidgely, Inc.と共同で、100件のモニターを対象に、AIを活用してユーザーの家全体の電気使用量から、家電ごとの電気使用量を推定する技術を活用したサービスの検証を開始する。

【こちらも】ローソン、電力リソース創出の実証実験 機器のIoT化による節電制御

 今回の検証では、対象モニターの2016年8月から2017年7月までの30分ごとの電気使用量データを用いて、家全体の電気使用量から、家電ごとの電気使用量を推定し、見える化したレポートを作成する。

 対象モニターからは、サービスを使用した感想や意見をもらうことで、サービスの実用性を検証する。

 家電ごとの電気使用量を見える化するには、HEMS機器等の設備を追加で設置するのが一般的だが、AIを活用することで、ユーザーにて追加で設備を設置することなく、スマートメーターから得られる電気使用量データをもとに、家電ごとの電気使用量を推定できる。

 これにより、類似の家庭と家電ごとの使用量を比較できたり、ユーザーが省エネ家電を導入した効果が把握できたりするなど、より細やかな省エネサービスが低コストで提供できるようになると考えているという。

 さらに将来的には、家電ごとの電気使用量を把握できるようになることで、家電の買い替えタイミングやおすすめ機種の推奨、ユーザーにあった新たな電気料金メニューの提案など、さまざまな新しいサービスにつなげていく方針だ。(編集担当:慶尾六郎)

■関連記事
2017年度の国内企業のIT支出計画は全体では前年比で「変わらない」とする企業が60%以上
国内ブロックチェーン関連ソリューション市場今後急速に拡大 2021年には298億円に
Facebook、論理的な思考・交渉ができるAIを開発
GoogleのDeepMindが人間並みの認識能力を持つAIを開発
商船三井らがAI活用の自律貨物船の開発へ

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事