学術論文共有サービスSci-Hub、著作権侵害で1500万ドルの賠償金

2017年6月29日 19:54

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 大手学術系出版社Elsevierが学術論文を検索・ダウンロードできるSci-Hubというサイトを著作権侵害で訴えていた裁判で、米裁判所はSci-Hubの運営者に対し1500万ドルの損害賠償支払いを命じたとのこと(Ars Technica)。

 昨今では学術論文誌の購読料高騰が問題となっており(過去記事:名大でElsevier社刊行学術誌の包括契約廃止が検討される )、その影響で論文を違法ダウンロードする研究者も増えていることが2015年に話題となっていた

 スラドのコメントを読む | YROセクション | 著作権 | サイエンス

 関連ストーリー:
論文誌の購読料高騰を受け、研究者の間で論文の「違法シェア」が増加? 2015年11月17日
Elsevierの言語学誌「Lingua」の編集者と編集委員全員が辞職、新雑誌を立ち上げ 2015年11月14日
Elsevierの雑誌に掲載されるCERN研究者による高エネルギー物理学分野の論文、無償公開へ 2015年04月15日
名大でElsevier社刊行学術誌の包括契約廃止が検討される 2013年08月06日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード著作権著作権侵害裁判

関連記事

広告