オニツカタイガー×アンリアレイジ、AR技術搭載シューズを6月17日発売

2017年6月15日 19:35

小

中

大

印刷

記事提供元:アパレルウェブ


 アシックスジャパンは、「オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)」ブランドから、「アンリアレイジ(ANREALAGE)」(森永邦彦デザイナー)とコラボしたスニーカー「アンリアレイジ モンテゼット(ANREALAGE MONTE Z)」を6月17日に発売する。「アンリアレイジ」2017年春夏コレクションのランウェイショーで発表されたもので、AR技術を搭載。専用のアプリを使用することで音楽が流れるモデルと、模様が浮かぶ上がるモデルの2型を用意した。

 2009年に発売した「モンテポカラ(MONTE POKHARA)」をベースにしたもので、アウトドアテイストとミニマルで未来的なフォルムを引き継いだ。ブランドロゴを甲に施したモデルは、スマートフォンをかざすと、ショーのサウンドディレクションも担当したサカナクションの山口一郎氏が手がけたARサウンドが流れる。また、オールホワイトのモデルには、アッパー部分に再帰性反射技術が施されており、フラッシュ撮影するとボーダー柄が浮かび上がる仕組み。iOS 8以上に対応した専用の無料ARアプリ「ANREALAGE_AR3」をインストールしたスマートフォンで体験できる。

 国内のオニツカタイガー直営店、オニツカタイガーマガジンオンラインストア、アンリアレイジ青山店およびANREALAGE ZOZOTOWNで販売する。1万5,000円(+税)。

 「アンリアレイジ」は、ブランドコンセプトである“日常と非日常が交錯する世界”をITテクノロジーを活用して表現しており、パリで発表した2017年春夏コレクション「サイレンス(SILENCE)」では、現実で聞こえない「服の声」をAR(拡張現実)技術を活用して再現した。サカナクションの山口一郎氏がショーのサウンドディレクションを担当したのは、前春夏シーズンに続き2回目。


履き口のベロ部分とアッパー(甲被)が一体化した履きやすいモノソック構造。


アッパーのデザインは、着物の構造から着想を得ており、パンチングも特徴的だ。



発売に合わせ、俳優の森山未來と映像作家の関根光才を起用したプロモーション映像も公開した。


■アンリアレイジ 公式サイト
http://www.anrealage.com

■オニツカタイガー 公式サイト
http://www.onitsukatiger.com

※この記事はアパレルウェブより提供を受けて配信しています。

関連キーワードコラボレーションiOS2017年春夏コレクションスニーカーオニツカタイガー(Onitsuka Tiger)アンリアレイジ(ANREALAGE)

広告

広告

写真で見るニュース

  • コンチネンタルタイヤのアプリと連動する新タイヤ(画像:Continental AG発表資料より)
  • カローラ スポーツ HYBRID G“Z”(2WD)、カローラ ツーリング HYBRID W×B(2WD)、カローラ HYBRID W×B(左から、いずれもオプション装着車)(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • AI搭載の小型汎用ロボット「ZUKKU」を活用した健康増進プログラムのイメージ。(画像: ハタプロ発表資料より)
  • 中性子星と発せられたパルサーの想像図 (c) B. Saxton (NRAO/AUI/NSF)
  • 第2ターミナルの内部。(画像: 中部国際空港の発表資料より)
  • ケニアでの実証実験に使われる産業用無人ヘリコプター「フェーザーR 
G2」(画像:ヤマハ発動機の発表資料より)
  • 季節に合わせたタイヤ選びが重要
 

広告

ピックアップ 注目ニュース