Microsoft、「DIRECTREALITY」の商標を出願

2017年6月11日 16:50

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftが6月2日に「DIRECTREALITY」という商標を米特許商標庁(USPTO)に出願していたようだ(US Serial Number:87473642The Vergeの記事BetaNewsの記事VentureBeatの記事)。

商標の対象となるのはオンライン/非オンラインのコンピューターソフトウェア・コンピューターゲームソフトウェア・ホログラフィックアプリケーション向けコンピューターソフトウェア、およびサービスとして提供されるソフトウェア(SaaS)となっている。商標は文字のみの出願となっており、「DirectReality」といった大文字小文字を組み合わせた表記を含む。

Microsoftは同日、「S」という商標も出願している。こちらは「S」の線が中央で切れた形のマークで、対象は外部ディスプレイと組み合わせて使用するビデオゲームコンソールおよびビデオゲーム用のリモートコントロールユニット、パーソナルコンピューターおよびビデオゲームコンソールで使用するコンピューターゲームソフトウェアとなっている(US Serial Number:87473763)。

いずれの商標も具体的にどういった製品で使われるのかは不明だが、「S」は次期Xbox「Project Scorpio」で使われるのではないかという見方も出ている。ただし、出願した商標がすべて製品に使われるとは限らない。スラドの皆さんはどう思われるだろうか。

なお、Microsoftは13日から米国・ロサンゼルスで開催されるゲームイベントE3 2017の会期前イベントとして、11日午後(日本時間12日早朝)にプレスカンファレンスを予定している。 

スラドのコメントを読む | idleセクション | マイクロソフト | ソフトウェア | パテント | インターネット | idle | ゲーム

 関連ストーリー:
次期Xbox「Project Scorpio」のスペックが公表される 2017年04月08日
小型化された「Xbox One S」とハイスペック版Xbox One「Project Scorpio」発表 2016年06月14日
EU裁判所、「Skype」という名称は「Sky」に似過ぎているとして商標登録を拒否 2015年05月07日
Microsoft、「WINDOWS 365」という商標を出願 2015年02月11日
Microsoft、クラウドサービスの「SkyDrive」を「OneDrive」に改称 2014年01月29日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードMicrosoft特許

「知的財産権」の写真ニュース

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

主要ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース