ディオール、レザーグッズメインの新ブティックを阪急うめだ本店に

2017年6月1日 20:02

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 ディオール(Dior)がレザーグッズをメインにした新ブティックを阪急うめだ本店に2017年6月1日(木)にオープンする。

 オープンにあわせて登場するのは、アーティスティック ディレクターのマリア・グラツィア・キウリが手掛ける2017年秋コレクション。パリのボヘミアンなエスプリ薫るワードローブは、これまでのディオールのアーカイブの良さを少しずつ抽出した伝統美と、マリア・グラツィアらしいポエティックな表現の融合によって成り立っている。

 洋服にあわせたハンドバッグやショルダーバッグは、エレガントなワードローブに寄り添うようにいたってミニマルに仕上げられている。そんな中でもひと際目立つ存在であったアイコン バッグ「レディ ディオール」が、今回のオープンに合わせて先行販売されることに。ナポレオン3世様式の椅子に使用されているカナージュ モチーフをメインに、スタッズを配したデザインは、女性らしさの中に芯の強さを秘めたムードだ。

 なお、店頭では、2017年秋コレクションを中心に、2017年春夏コレクションも一部展開予定だ。

【詳細】
ディオール 阪急レザーグッズ ブティック
オープン日:2017年6月1日(木)
住所:大阪府大阪市北区角田町8番7号 阪急うめだ本店 2階

■先行販売アイテム

レディ ディオール 530,000円+税
サイズ:24×20×11cm

【問い合わせ先】
クリスチャン ディオール
TEL:0120-02-1947

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード2017年春夏コレクション阪急百貨店うめだ本店ディオール

広告

写真で見るニュース

  • かねさ減塩味噌仕立ての焼おにぎり。(画像:ローソン発表資料より)
  • スズキ「アルト ラパン X」(画像: スズキの発表資料より)
  • 和民などに導入される竹素材を使ったストロー(写真:和民の発表資料より)
  • 「Atmoph Window 2」(画像: アトモフ株式会社の発表資料より)
  • 「19design」のトップページ。(画像:オラクル構想準備室発表資料より)
  • (c) 水木プロダクション 作画:一智和智
  • 「A110S」(画像: アルピーヌの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース