KDDI総合研究所、アニメ「攻殻機動隊」のタチコマでPC攻撃対策

2017年3月28日 06:54

小

中

大

印刷

「Web媒介型攻撃対策技術の実用化に向けた研究開発」(WarpDrive)(KDDI総合研究所の発表資料より)

「Web媒介型攻撃対策技術の実用化に向けた研究開発」(WarpDrive)(KDDI総合研究所の発表資料より) [写真拡大]

写真の拡大

 KDDI総合研究所は27日、アニメ「攻殻機動隊 REALIZE PROJECT」と連携して、Web媒介型攻撃に対策する「電脳空間におけるタチコマ・リアライズ」に取り組むと発表した。

 士郎正宗氏原作のコミック・アニメーション作品「攻殻機動隊」では、電脳空間におけるサイバーセキュリティが物語の重要な因子となっており、主人公たちをサポートする人工知能キャラクター「タチコマ」を、現代の電脳空間であるインターネットで実現、サイバーセキュリティの向上に繋げることが「電脳空間におけるタチコマ・リアライズ」の核となるコンセプトだ。

 今回の取り組みは、2016年度に開始した、情報通信研究機構(NICT)の委託研究「Web媒介型攻撃対策技術の実用化に向けた研究開発」(WarpDrive)によるもので、プロジェクトではまず、Web媒介型攻撃対策用ソフトウェア「タチコマ・セキュリティ・エージェント(タチコマSA)」を開発し、2017年度中にPC向けに無償配布・実証実験を開始する予定。タチコマSAはWeb媒介型攻撃を検知して防壁展開(悪性Webサイトへのアクセスをブロック)し、個々のPCに適した警告やアドバイスを行う。また、大規模に分散したタチコマSAたちが並列化を繰り返し、最新のサイバー攻撃に対処できるように成長していく。

 その後、2020年を目途にタチコマSAの保護対象をスマートフォンやIoT機器へと拡大していき、ユーザの日常の様々な局面において、サイバーセキュリティの向上をサポートするサービス・製品の実現を目指す。

 WarpDriveプロジェクトには、KDDI総合研究所のほかにも、セキュアブレイン、横浜国立大学、神戸大学、構造計画研究所、岡山大学、金沢大学の合計7者が受託しており、Web媒介型攻撃の対策技術を研究開発し、数万人規模の大規模実証実験を通して実用化することを目的としている。

関連キーワードスマートフォンセキュリティKDDI人工知能(AI)IoT(Internet of Things)情報通信研究機構(NICT)サイバー攻撃KDDI総合研究所攻殻機動隊

広告

写真で見るニュース

  • ビル警備の実証実験に使われるAIロボット「ugo」(画像は大成の発表資料より)
  • 新型レヴォーグのプロトタイプ(画像: SUBARUの発表資料より)
  • アルマ望遠鏡で撮影された2つの分子雲の疑似カラー合成図。赤色と緑色がそれぞれ、速度が異なる一酸化炭素の同位体分子13COからの電波を表す。左図の青色はハッブル宇宙望遠鏡により観測された水素電離ガスの分布を示し、右図の青色は波長1.3ミリメートル帯の濃いガスに含まれる塵からの電波を示す。2領域とも、フィラメントが集合している「かなめ」(図で青色に示している部分)の位置に大質量星が存在する。(c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO)/Fukui et al./Tokuda et al./NASA-ESA Hubble Space Telescope)
  • 「シビック ハッチバック」と「シビック セダン」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 11月29日に開業するブランチ大津京(大和リース発表資料より)
  • スイフトの特別仕様車「HYBRID MGリミテッド」(画像: スズキ発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • Mercedes AMG A 45 S 4MATIC+edition1限定車(画像:メルセデスベンツ日本発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース