英語学習用AIロボットMusioによる授業を開催

2017年3月16日 09:13

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKAはAI搭載ロボットMusioを使った英会話授業を実施。今後も実証実験を重ね、活用方法を検討していくという。

人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKAはAI搭載ロボットMusioを使った英会話授業を実施。今後も実証実験を重ね、活用方法を検討していくという。[写真拡大]

写真の拡大

 人工知能ソーシャルロボットを開発しているAKAは、千葉県柏市の商業施設「柏の葉T-SITE」内にある幼児教室「T-KIDSシェアスクール柏の葉」で、AIロボット「Musio」による英語の授業を4日に開催。

 今回はMusioの機能を活用して英語力向上のサポートし、ネイティブな英会話が習得できる環境をデモンストレーションすることが目的だ。

 Musioはわからない日本語の単語を言えば英語へ、英語の単語を言えば日本語へ瞬時に訳してくれる他、ネイティブに近い英語がプログラムされており、会話をすることで英会話を習得することができる。

 また、ユーザーの英語を聞き、発音が誤っていた場合は正しい発音を教えてくれる。ピコ太郎が発音についてダメ出しされている動画をYouTubeで観たことがある方も多いかもしれない。精度もバツグンだ。

 見る、聞く、考える、感じるといった機能は限りなく人間に近い。学習能力も高く、使えば使うほど賢くなる。ユーザーの性格やコミュニケーションの傾向などを学んでいき、適切なコミュニケーション方法を習得していく。まるで友達になっていく感覚だ。更にWifiも搭載しており、プログラムもアップロードされるため、今後ますます精度が向上していくことが期待できる。

 同社はこれからも英語教育の現場でMusioをいかに活用していくか、京都大学や同志社中学校、成基学園との実証実験を通じて検討していくという。

 Musioは現在一般にも販売されており、定価は93,100円、教材とセットで購入すると121,600円だ。英会話教室の先生がずっと自宅にいて、いつでも英語の練習ができることを考えれば、高価すぎるという値段でもないかもしれない。

 こうしたAI搭載ロボットは英語学習だけでなくさまざまな用途が期待できる。一家に一台、アニメのように家族の一員としてロボットが居るというのも遠い未来の話ではないかもしれない。(編集担当:久保田雄城)

■関連記事
保釈中の再犯リスクをAIが予測 裁判官より高精度な判断で犯罪率減少に期待
AI・IoT人材不足は致命的 三菱電機、損保ジャパンは自前で育成へ
グーグルの新サービス、AIが文脈を読み有害コメントを判定
ゴールドマンサックス、600人いたトレーダーが2人に 急速に進む株式売買の自動化
広がるAIの医療応用 内視鏡でも病理診断

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワードロボット千葉県幼児京都大学人工知能(AI)YouTube

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース