韓国は戦略的利益共有の大変重要な隣国と岸田外相

2017年3月15日 09:02

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 岸田文雄外務大臣は14日の記者会見で、韓国大統領選に向けての日本政府の受け止めを聞かれ「他国の内政、選挙に関することなので私(大臣)の立場から何か申し上げるのは控える」としたうえで「韓国は我が国にとって戦略的利益を共有する大変重要な隣国」と改めて、重要な隣国であることを強調した。

 そのうえで「現政権はもちろん、大統領選挙後の新政権とも安定した関係を築いていかなければならない。そういった意味で韓国の動きには大きな関心を持って注視していきたいと思う」と語った。

 また、韓国・聯合ニュースは同日夕、「韓国外交部の趙俊赫(チョ・ジュンヒョク)報道官は14日の定例会見で、朴槿恵(パク・クネ)前大統領が罷免されたことで取り沙汰される政策の見直しについて『現政権の外交政策を再検討するようなことはない』と述べた」と報じた。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
朴大統領罷免はアジア・太平洋の安全に影響多大
新大統領早期選出し、しっかり連携できる体制を
新政権とも対北・安全保障協力進めたい 菅長官
韓国・朴槿恵大統領弾劾是非 きょう10日
北ミサイルで韓国外相の最初の会談は岸田外相

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード韓国岸田文雄朴槿恵選挙

関連記事

広告