ライフ RSS

 

東北大と筑波大、酸化ストレスが糖尿病引き起こすメカニズム解明

2017年2月28日 08:50

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 糖尿病は患者数が多く、重篤な合併症をひきおこす重要な代謝性疾患だ。以前から、糖尿病では酸化ストレスが増加することが知られてきたが、それがどのような役割を演じているかについては解明されていなかった。特に、脳の視床下部は代謝調節の司令塔として重要な機能を果たしていることから、糖尿病との関連が注目されていたが、視床下部での酸化ストレス増加の検討はそれを解明するアプローチの難しさもあって、十分な知見が得られていなかった。

 今回、東北大学大学院医学系研究科の宇留野晃講師(医化学分野)、柳下陽子研究員(医化学分野)、山本雅之教授(医化学分野、兼東北メディカル・メガバンク機構 機構長)らは、筑波大学医学医療系の高橋智教授らと協力して、脳の酸化ストレスが糖尿病を発症することを見出し、そのメカニズムを解明するとともに、治療へのアプローチに繋がる知見を得た。

 研究では、2種類のCreリコンビナーゼ発現マウスを利用してセレノシステイン転移 RNA(Trsp)遺伝子の発現を低下させたマウスを比較することにより、マウスの視床下部領域における酸化ストレスの役割の解明に成功した。このマウスの代謝様式を解析したところ、肥満と糖尿病を発症していることを発見した。さらに、マウスのホルモンの詳細な解析を行うと、インスリン抵抗性と肥満抑制ホルモンであるレプチンへの抵抗性が生じていたという。つまり、酸化ストレスが増加したマウスの脳では、視床下部領域での神経細胞死が増加した結果、代謝調節に重要なプロオピオメラノコルチン(POMC)陽性神経が減少していた。

 ここまでの解析により、視床下部領域における酸化ストレスの増加が肥満や糖尿病を引き起こすことがわかった。そこで、逆に、酸化ストレスを抑制することで、肥満や糖尿病が抑制できるか否かを検討した。この仮説を検証するため、酸化ストレスから我々の体を守るための転写因子であるNrf2に着目し、酸化ストレスに曝露したマウスの視床下部領域でNrf2を活性化したところ、酸化ストレスは低下し、肥満や糖尿病の発症を予防することができた。

 これらの結果から、視床下部領域における酸化ストレスが増加すると、神経細胞の細胞死が増加し、代謝調節に重要なPOMC陽性神経が減少して、肥満や糖尿病を引き起すことがわかった。一方、転写因子Nrf2を活性化することで、視床下部領域の酸化ストレスを抑制し、肥満や糖尿病の発症が抑制できることも明らかになった。

 肥満や糖尿病には複数の原因が関与すると考えられているが、酸化ストレスがどのように糖尿病の発症や悪化に関わるか詳しくわかっていなかった。今回の研究成果は脳神経細胞の保護作用を介して、肥満や糖尿病の発症や増悪を防ぐことができることを示している。このことから、Nrf2 を標的とした脳の酸化ストレス抑制に基づく、新しい予防・治療方法の開発が可能になるものと期待されるとしている。(編集担当:慶尾六郎)

■関連記事
生化学検査薬市場は多くの検査項目の普及が進み検査数が飽和状態に
京大ら、親世代で獲得のストレス耐性が子孫に継承されることを発見
AIが糖尿病患者を支援 患者行動「受診中断」を予測
メタボで胆石が増えるメカニズム
ロート製薬など、間葉系幹細胞の自動培養システム開発で生産能力大幅向上に期待

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード東北大学糖尿病遺伝子神経細胞肥満

関連記事

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • ©2020 HOKUSAI MOVIE
  • アルファード 特別仕様車 S“TYPE GOLD II”(画像: トヨタ自動車の発表資料より)
  • 光イオンを発生させ車内の空気清浄するAirReborn(画像:ガイダンスインターナショナル発表資料より)
  • 新型VEZEL(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • 新型アウディA3シリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース