1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 東北大学(1)

東北大学のニュース一覧

試作された電池。 (画像:日立製作所発表資料より)

日立と東北大学は、燃えにくい新しい電解質を利用した、安全性の高いリチウムイオン二次電池の試作に成功した。 02/20 22:38

走行振動によりLEDを光らせる実験(写真:東北大学の発表資料より)

東北大学大学院工学研究科材料システム工学専攻の成田史生教授と東北特殊鋼は13日、大きな逆磁歪効果を示し、振動発電機能を有するクラッド鋼板を共同開発したと発表した。 02/18 16:12

(画像:東北大学発表資料より)

従来、物理法則には「量子速度限界」と呼ばれるミクロなスケールの運動に関する不等式が存在するが、これはミクロなスケールに限られるものであると考えられてきた。 02/14 17:02

マウスの実験において、におい物質の経口での投与で血糖値が改善された。(画像:東北大学発表資料より)

東北大学と大阪大学の共同研究グループは、「匂い」によって膵臓の機能を回復させ糖尿病の治療に繋げる新たなるアプローチを発見した。 01/31 14:42

圧電薄膜共振子を用いた発信器の写真。(画像:情報通信研究機構発表資料より)

情報通信研究機構(NICT)、東北大学、東京工業大学の共同研究グループは、シンプルで小型の原子時計システムを開発した。 01/27 16:57

グリーンアノール(撮影: 森英章氏)。(画像:東北大学発表資料より)

約50年前に侵略的外来種として小笠原諸島・父島に入り込んだトカゲの一種グリーンアノールが、その50年の間に急速な適応進化を遂げていたその実態が、東北大学の研究により明らかにされた。 12/26 15:05

今回開発したバイオマス燃料の触媒の一つ。(写真: 昭和シェル石油の発表資料より)

昭和シェル石油は7日、東北大学大学院工学研究科冨重圭一教授の研究グループとの共同研究により、バイオマス原料からガソリン基材として利用可能なヘキセンの生産に成功したと発表した。 12/09 07:09

発泡マグマ模擬材料の破砕(上図:試料内気泡分布の3次元構造,下図:破砕する試料(左が初期状態))。(画像:東京農工大学発表資料より)

東京農工大学大学、東京大学、東北大学、高輝度光科学研究センター(JASRI)の共同研究グループは、マグマの中に自然に存在する泡状の複雑な構造が、火山の爆発的噴火を促すという事実を明らかにした。 12/04 21:56

ノボシビルスク周辺の観測に使用していた航空機。(写真:国立環境研究所発表資料より)

大気汚染の指標の一つに、大気中メタン濃度がある。 11/27 05:13

TMR磁気センサを用いた脳磁計の概念図(写真:東北大学の発表資料より)

東北大学とコニカミノルタは24日、室温で簡便に動作する、高感度かつ高分解能のトンネル磁気抵抗(TMR)素子生体磁気センサ(以下、TMR磁気センサ)を開発し、脳活動の一つであるα波の検出や心磁場の検出に成功したと発表した。 11/25 22:20

参考画像。(画像:東北大学発表資料より)

小惑星クラスの巨大隕石が地球に衝突した場合、生物の多くが絶滅するほどの気象変動などを引き起こすという説はよく知られている。 11/13 06:34

新規素材 I 型コラーゲン様リコンビナントペプチド(RCP)を用いた皮下
膵島移植法。(画像: 東北大学の発表資料より)

糖尿病は、膵臓の働きと密接な関わりを持つ病である。 11/13 06:30

月面探査ローバー「SORATO」(写真:チーム「HAKUTO」発表資料より)

世界初のロボット月面探査レース「Google Lunar XPRIZE」に参加している日本のチーム「HAKUTO」は8日、レースを主催するXPRIZE財団とXPRIZEの審査員がHAKUTOのミッション計画を審査し、計画の実行性と達成基準を確認したと発表した。 11/10 07:12

普通のガラス製品(左)と、コンピュータシミュレーションによって計算されたガラス分子の不規則な配列。(画像:東京大学発表資料より)

ガラスは身近なマテリアルでありながら、謎の多い存在である。 11/05 08:12

 1 2 3 4 5  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告