1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 東北大学(1)

東北大学のニュース一覧

今回の研究の概要。(画像: 東北大学の発表資料より)

近年、金属のように優れた強度を持ちながらガラスのように精密な成型ができる「金属ガラス」が、研究の場で注目されている。 01/16 08:28

豪雪のメカニズム(写真:東北大学の発表資料より)

地球温暖化による気候変動が懸念されている。 12/20 15:07

今回開発された方法により合成されたグラフェンのSEM(走査型電子顕微鏡)像(画像: 東北大学の発表資料より)

グラフェンと呼ばれる炭素材料は、次世代の材料として様々な分野で実用化に向けた研究が進められている。 12/11 18:27

歩行と遊泳の切り替えの様子(写真:東北大の発表資料より)

水中から陸上へと動物が移行したのが、約3億6,000万年前。 12/05 15:06

自己保湿型コンタクトレンズの図。(画像: 東北大学の発表資料より)

コンタクトレンズは日本人の5人に1人が使用していると言われているが、ドライアイの症状は深刻な問題である。 12/03 17:45

トリウム229のアイソマー状態のエネルギー測定値。(画像: 発表資料より)

「原子核時計」は超高精度な時計として実現が望まれており、その研究開発が世界中で行われている。 12/02 06:03

箱型に成形した隕石試料のX線CT(8 keV)による断面像。白色の点線で囲まれた部分に、黒色の空隙が多く含まれており、もともとあった氷が抜けてできた空間と考えられる。(c) Megumi Matsumoto et al.

11月22日、東北大学、京都大学、立命館大学、中国科学院、海洋研究開発機構、高輝度科学研究センター、ロンドン自然史博物館などで構成された共同研究チームにより、小惑星に存在したと考えられる氷が抜けてできたと推定される空間を、隕石中で多数発見したとの発表がなされた。 11/27 08:44

左:糖が検出されたマーチソン隕石。右:リボースの構造模型とマーチソン隕石。(Credit: Yoshihiro FURUKAWA)

生命の核として必要な糖の分子が、隕石から発見された。 11/20 21:32

発見された火山の位置。(c)Elsevier Ltd.

南鳥島の南東およそ90キロメートルの海底でプチスポット火山が発見された。 11/13 16:58

従来考えられてきたDNA切断時の末端形状(写真:東北大の発表資料より)

東北大学は11日、DNAが切断された際の末端の形状構造を明らかにした。 11/13 12:31

接種源(下の木片)から成長を開始した菌糸体は、新しいエサ(上の木片)が小さい場合(左の写真)は新しいエサに完全に引っ越さなかったが、大きな場合(右の図)は完全に引っ越し、接種源からいなくなった。(画像: 東北大学の発表資料より)

脳や神経などの機構を持たない菌類にも、記憶能力すなわち知性の一種が見られることが分かった。 11/09 16:23

AIと材料化学を融合させた「マテリアルズ・インフォマティクス」は新しい材料、素材の開発の観点から注目されている。 11/03 21:39

今回の研究の概要。(画像: 東北大学の発表資料より)

マラリアは、世界で年間約2億人の患者が発生し、死亡者は約43万人にのぼると報告されており、世界3大感染症の1つに指定されている。 11/02 11:32

電子顕微鏡によるPdCoO2/Ga2O3 界面の原子像(左)と、対応する結晶モデル。(画像: 東北大学の発表資料より)

酸化ガリウムを用いたダイオードは次世代パワーデバイス向け半導体として期待されてきたが、高温性能に課題があった。 10/23 17:48

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 「ISSEスノーソックス」の装着イメージ。(写真:ISSE発表資料より)
  • MAZDA CX-30 X L Package(2WD車)(画像: マツダの発表資料より)
  • 「ヒルサイド」エリアイメージ(三菱地所・サイモン発表資料より)
  • 超新星爆発のイメージ。
  • 「Model 3」(画像: テスラモーターズ・ジャパン発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告