Microsoft、Flash Playerのセキュリティ更新プログラムを定例外で公開

2017年2月25日 16:53

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

Microsoftは22日、Adobe Flash Playerのセキュリティ更新プログラムを定例外で公開した(セキュリティ情報の概要脆弱性情報MS17-005TechNetブログ — 日本のセキュリティチームの記事)。

この更新プログラムは提供が3月に延期された2月の月例更新の一部だ。修正される脆弱性はリモートでのコード実行が可能というもので、深刻度は「緊急」となっている。対象はWindows 8.1/10/RT 8.1およびWindows Server 2012/2012 R2/2016で、適用後のFlashバージョンは24.0.0.221となる。

AdobeはMicrosoftの月例更新に合わせて脆弱性情報を公表したが、該当バージョンのWindowsではInternet Explorer/Microsoft Edge向けのFlash Playerが更新できない事態になっていた。

更新プログラムはWindows Updateで適用できるほか、Windows RT 8.1を除きMicrosoft Updateカタログからの入手も可能だ。 

スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | スラッシュバック | バグ | Windows

 関連ストーリー:
Microsoft、2月の月例更新プログラム提供を延期 2017年02月17日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード脆弱性セキュリティMicrosoftWindows 8Windows 8.1Microsoft EdgeFlashInternet ExplorerWindows UpdateAdobe

関連記事

広告