GoogleとMicrosoft、海賊版配信サイトの検索順位を引き下げへ

2017年2月25日 11:37

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

 GoogleやBingといった検索サイトで、海賊版コンテンツを提供するサイトの検索順位を下げる動きがあるという(GardianThe Next WebThe BridgeSEMリサーチ)。

 消費者が違法ダウンロードサイトに到達することを防ぐとともに正規配信サイトへと誘導することを目的としており、今夏にもこの変更が検索サイトに適用される見込みのようだ。

 これと並行して、違法サイトのブロックや違法サイトの拡散防止、正規サイトからのダウンロードを奨励するキャンペーンなども行われるとのこと。

 スラドのコメントを読む | YROセクション | Google | マイクロソフト | 著作権 | インターネット

 関連ストーリー:
Warner Bros.、Googleの検索結果から自社の公式Webページの削除を要請 2016年09月09日
仏裁判所、アーティスト名と「torrent」の組み合わせを一律に検索結果から削除すべきではないと判断 2016年07月23日
ディズニーが「海賊版対策」機能を持った検索エンジンに関する特許を取得 2014年11月05日
2013年、Googleに対する著作権物に対するリンク削除要求が倍増 2013年12月05日
Google、海賊版を提供するサイト対策として資金源カットを検討中 2013年02月20日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleMicrosoft海賊版Bing

広告