新潟県知事、原発再稼働反対の米山氏が6万差で当選

2016年10月17日 22:28

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 東京電力柏崎刈羽原発の再稼働野に留まらず、原発政策にも『世論判断』の重要材料として全国的に注目を集めた新潟県知事選挙は16日、投開票され、原発再稼働に反対する日本共産党と自由党・社会民主党が推薦する無所属・新人の医師、米山隆一氏(49)が、自公推薦候補に6万票以上の差をつけ、初当選した。米山氏は「国に原発再稼働を止める力を私に託してください」と訴えていた。

 選挙には、米山氏のほか、自民党・公明党が推薦する前長岡市長で、無所属・新人の森民夫氏(67)ら3人が立候補していた。選挙は事実上の米山氏対森氏の一騎打ちとなり、国政選挙並みに、与野党幹部が新潟入りし、支持を訴えた。自民党は森氏応援のため、二階俊博幹事長らが新潟入りした。一方、自主投票に回った民進党だが、蓮舫代表や江田憲司代表代行らが新潟入りし、「脱原発への思いを全国に」と米山氏支持を訴えた。

 米山氏の勝利に、日本共産党の志位和夫委員長は「勝利は何よりもまず『柏崎刈羽原発の再稼働は認めない』という県民の明瞭な審判を示すもの。政府と東電はこの審判を重く受け止めるべき! 共産党は他の野党、市民とともに、米山新知事を支え、米山新県政を発展させるために全力をあげる」とツイート。

 社民党の福島みずほ副党首も「ご本人、みんな、県民が頑張ったと思います。柏崎刈羽原発を動かしてはならないと心から思っているので本当に嬉しい」とツイート。また「新潟県知事選挙は頑張れば勝つという嬉しい見本」とし「全国で原発を再稼動させない首長を増やしていこう」と書き込んだ。

 各氏の得票数は得票順に、米山氏が52万8455票。森氏が46万5044票。後藤浩昌氏(無所属・新人)が1万1086票、三村誉一氏(無所属・新人)が8704票。投票率53.05%。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
東京電力はすべての記録、資料の公開をすべき 菅元総理
9月の「東日本大震災」関連倒産は4件 収束傾向が続く
平均風速対応では「屋内退避で被曝」見直し急げ
新潟知事選・衆院補選「政権帰趨占う重要選挙」
金権政治 原発廃止を阻むと警鐘 元総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード新潟県共産党原発志位和夫福島みずほ社会民主党選挙

関連記事

広告