イギリス、閣議中のApple Watch着用を禁止に

2016年10月14日 11:10

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 スマートウォッチには情報漏洩のリスクがあるとして、イギリスで閣議中のApple Watch着用が禁止されたそうだ(GIGAZINEiPhoneMania)。

 Apple Watchがロシアのスパイにハッキングされて、盗聴されることを警戒したためだという。また、Apple Watch以外の製品については伝えられていないが、イギリスでは携帯電話端末の閣議への持ち込みは以前より禁止されていることから、Apple Watch以外のスマートウォッチについても利用禁止になっていると思われる。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | 英国 | セキュリティ

 関連ストーリー:
ロシア系ハッカー、世界反ドーピング機関をサイバー攻撃して米国選手のドーピング結果を窃取 2016年09月17日
米大統領選の裏で起きている米露サイバー戦争 2016年08月04日
米ロサンゼルス市警、iPhone 5sのロック解除に成功していた 2016年05月07日
FBIがiPhone 5cのロック解除に用いたのはプロのハッカーから買い取ったゼロデイ脆弱性だった? 2016年04月14日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleイギリスセキュリティApple Watch英国スマートウォッチ

広告

広告

写真で見るニュース

  • ユープレイスの外観イメージ(ピーアンドディコンサルティング発表資料より)
  • 一目で欲しくなるデザインのいすゞ117クーペ。©sawahajime
  • ローマン宇宙望遠鏡のイメージ。(c) NASA
 

広告

ピックアップ 注目ニュース