民進・野田氏、自民憲法草案は天賦人権説否定と問題視

2016年9月25日 20:53

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 民進党の野田佳彦幹事長(前総理)は25日のNHK番組で、憲法改正への対応を問われ「現行憲法が戦後果たしてきた役割は大きい」とし「平和主義、基本的人権の尊重、主権在民という理念は未来にも、きちんとつなげていかなければならない」と強調した。

 野田幹事長は「その中で(現行憲法に)足らざるものがあるならば、それは改正をするという立場だ」とした。

 そのうえで野田幹事長は自民党の憲法草案について「今、改正草案は自民党内ではどういう位置づけなのか。自民党の憲法草案は国民の権利を軽んじ、(すべて人間は生まれながらに自由、平等であり、幸福を追求する権利を有するとする)天賦人権説まで否定しているような、国中心の、国のあり方を変えるとしか思えない憲法草案だ」と強く問題のある草案だと指摘した。

 そして「憲法改正が、こういうものを実現するためにやるのであれば、この憲法草案を撤回するところから始めないと議論は粛々と進められない」と指摘した。

 これに対し、自民党の二階俊博幹事長は「野田さんの考えはよくわかったが、われわれは、これを撤回する気はない。修正について、われわれもゆとりも持っていないといけないと思うが、撤回するところまでは考えていない」と答えた。

 与党の公明党・井上義久幹事長は「衆参にある憲法審査会の議論を促進することから始める。審査会での議論を通じて、国民的議論を深めていく事が大事」とした。また、党内において「加憲の立場から、何を加えるのか、党内議論をスタートさせたい」と語った。

 日本維新の会の馬場伸幸幹事長は「すべての教育を無償化することを憲法に加える。また、一極集中の日本の統治機構を変えていくための改正、そして憲法裁判所の設置をめざしたい」とした。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
TPP審議に情報開示を政府に求める 二階氏
各党の意見聴き、円満な国会運営目指す 二階氏
野田幹事長は極めて真っ当な保守政治家 石破氏
民進党幹事長に前総理・野田佳彦衆院議員
蓮舫氏の事実に基づく質問力は政界随一と前総理

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード自民党民進党公明党二階俊博憲法改正憲法野田佳彦

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • アマゾンを通じた配送サービスのイメージ(アマゾンジャパン発表資料より)
  • Golf Touran(画像: フォルクスワーゲン グループ ジャパンの発表資料より)
  • 世界初公開となったアウディ・Q4 e-tronシリーズ(画像: アウディジャパン発表資料より)
  • 木星
  • Photo:最後に最上級機種「1300ccのスーパーデラックス」を販売するのが秘訣だった
  • Outback Wilderness(アウトバック ウィルダネス)(画像: スバルの発表資料より)
  • (C) 2020 20th Century Studios. All rights reserved.
  • e-POWERイメージ(画像:日産自動車株式会社発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース