韓国THAAD配備 北のみの為 強く印象

2016年9月4日 17:14

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

 韓国の朴槿恵(パク・クネ)大統領は中国とロシアが反対する米最新鋭地上配備型迎撃システム・高高度防衛ミサイル(THAAD、サード)の韓国配備について、ロシア通信社のインタビューに「北の核の脅威が取り除かれればTHAAD配備の必要性も自然となくなるだろう」と答えた。聯合ニュースが伝えた。北を強くけん制すると同時に中国、ロシアに対して、北のみに照準を合わせた対応であることを強く印象付けている。

 朴大統領は、THAAD配備目的は北朝鮮の核ミサイルの脅威に対抗するため必要との考えで、北朝鮮の脅威から国民を守らなければならない旨は、THAAD配備計画当初から示していた。

 朴大統領は北朝鮮問題に中国、ロシアのトップとも率直に意見を交わし、北朝鮮が挑発行為を繰り返せば、国際社会からの孤立を深めることを悟らせることが必要としている。

 また、安倍晋三総理も2日の日露首脳会談で、プーチン大統領に対し『北朝鮮問題で六者協議(日本・韓国・アメリカ・中国・ロシア・北朝鮮)を再開する場合、具体的な成果の出るような協議でなければならない』と実効が期待できるものとなるよう、強く、実効性のある協議を求めた。この点でも日米韓は認識を共有している。(編集担当:森高龍二)

■関連記事
北朝鮮問題 実効ある対応要請 日露首脳会談で
富士総合火力演習の公開 国民の防衛意識を向上
日米外相「同盟強化、日米韓・安保推進で一致」
周辺事態への法整備 早急に必要 元防衛相
政府は防衛も把握事実に透明性を高める努力を

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連キーワード安倍晋三アメリカ中国韓国北朝鮮ロシアウラジーミル・プーチン朴槿恵THAAD(高高度防衛ミサイル)

広告

写真で見るニュース

  • フランクフルトモーターショーで話題となったフォルクスワーゲン・ID.3(画像: フォルクスワーゲン発表資料より)
  • 自動手荷物預け機のイメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
 

広告

ピックアップ 注目ニュース