丸紅、イタリアの電力会社とアジアで発電事業の共同開発を検討

2016年5月24日 18:44

小

中

大

印刷

 丸紅は24日、イタリアの電力大手エネルエスピーエー社(Enel SpA)と、インドネシア、フィリピン、タイ、ミャンマー、ベトナム、マレーシアを中心としたアジア地域で発電事業案件の共同開発を検討していくことで基本合意したと発表した。今後、案件開発の早期実現を目指すという。

 丸紅は全世界22カ国で総計10GW(ギガワット)以上の持分発電容量を保有している。その内約4割がアジアにおける発電所で、ガス焚き火力発電所が全体の6割以上を占める。

関連キーワードインドネシアアジアタイ(国)丸紅イタリアフィリピンミャンマーベトナムマレーシア

広告

財経アクセスランキング

広告

写真で見るニュース

  • 子供や初心者も安全に楽しめるスマートフェンシング(写真:大日本印刷の発表資料より)
  • 新型「N-WGN」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • ハーゲンダッツ トラベリングショップのイメージ。(画像:ハーゲンダッツジャパン発表資料より)
  • N-WGN(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • シフォン・G スマートアシスト(画像: SUBARUの発表資料より)
  • 画像はイメージです。
  • 「JALマイレージバンク ワールドマーケットプレイス」の画面イメージ。(画像: 日本航空の発表資料より)
  • 日産の新型「スカイライン」。(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • 「ホカロン ルナ」(画像: ロッテの発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース