ライフ RSS

 

「ワーク・ライフ・バランス」働く女性に広まらず?「知らない」が大多数

2014年5月29日 10:16

小

中

大

印刷

記事提供元:エコノミックニュース

07年に内閣府が「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」を策定して以来、徐々にではあるが認知度が高まってきた。

07年に内閣府が「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」を策定して以来、徐々にではあるが認知度が高まってきた。[写真拡大]

写真の拡大

 ここ数年で、急速に広まった「ワーク・ライフ・バランス」。07年に内閣府が「仕事と生活の調和(ワーク・ライフ・バランス)憲章」を策定して以来、徐々にではあるが認知度が高まってきた。最近では「女性の活用」を進める目的で使われることも多い。が、多くの働く女性にとって、この言葉は単なるスローガン以上の意味をもたないようだ。

 モバイルリサーチのモッピーラボが今年5月、全国の20~59歳の働く女性793名に「ワーク・ライフ・バランスという言葉を知っているか」と尋ねたところ、「知らない」が68.2%と大多数を占めた。政府の力の入れようを考えると、認知度はかなり低い。

 言葉の意味を説明した上で、「現在の職場でワーク・ライフ・バランスは取れていますか」と尋ねたところ、 1位は「どちらでもない」(44.3%)。次いで「はい」と「いいえ」がそれぞれ約25%ずつとなった。直感的に「仕事とプライベートのバランスが取れている」と断言できる女性はかなり少ない。

 雇用形態別でみると、最もワーク・ライフ・バランスが取れているのは「契約社員」(38.1%)。次いで正社員、派遣社員、アルバイト・パートの順だが、いずれも「バランスが取れている」は3割未満で大差はない。

 大多数の女性は「ワーク・ライフ・バランス」という言葉を知らないものの、私生活をなるべく優先させたいと考えている。「仕事とプライベートのどちらを優先させるか、またはワーク・ライフ・バランス派か」という問には、「ワーク・ライフ・バランス派」が52.1%、「プライベート派」が43%。両者を合わせると、全体の95%は「ゆるキャリ派」といえるだろう。「仕事」を選んだキャリアウーマン派は4.9%しかいない。

 圧倒的多数の「プライベートを大切にしたい」女性たちと、少数の「仕事を優先したい」女性たち。企業がもし「女性の活用」を進めようとするのであれば、それぞれの価値観をきちんと知り、ニーズに合った働き方を提供する必要があるといえそうだ。(編集担当:北条かや)

■関連記事
メーカーの転職理由、1位は「会社の将来性に不安」
「ワーク・ライフ・バランスで人件費削減」は可能か
有給の取りやすさは「上司次第」 内閣府調査
企業の発展とワーク・ライフ・バランス
ワーク・ライフ・バランスの問題点

※この記事はエコノミックニュースから提供を受けて配信しています。

関連記事

広告

広告

写真で見るニュース

  • 新型「N-ONE Original」(画像: 本田技研工業の発表資料より)
  • スイフトスポーツ(画像: スズキの発表資料より)
  • 太陽の活動が極大となった時(左・2014年4月)と極小になった時(右・2019年12月)の比較。2019年12月はソーラーサイクル25の始まりと考えられている。(c) NASA/SDO
  • 新型フェアレディZプロトタイプ(画像: 日産自動車の発表資料より)
  • ARナビゲーション(欧州仕様)(画像: メルセデス・ベンツ日本の発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース