まねきTV・ロクラクレンタル訴訟、最高裁が業者側の上告を棄却

2013年2月17日 11:58

小

中

大

印刷

記事提供元:スラド

あるAnonymous Coward 曰く、 国内に設置した機器で受信したテレビ番組をインターネット経由で視聴できるようにする有料サービスが著作権侵害に当たるかどうか争われていた2件の訴訟で13日、最高裁は知財高裁の判決を支持、業者側の上告を棄却した(時事ドットコムの記事NHKニュースの記事朝日新聞デジタルの記事)。

著作権侵害とされたのは永野商店の「まねきTV」と日本デジタル家電の「ロクラク・レンタル」サービス。いずれも知財高裁での差し戻し審で、業者側にサービス差し止めと賠償金の支払いを命ずる判決が出ていた。NHKと在京民放5社に対する永野商店の賠償額は計約160万円、NHKと東京および静岡の民放9社に対する日本デジタル家電の賠償額は計約1,570万円。

 スラッシュドットのコメントを読む | ITセクション | ビジネス | インターネット | メディア | テレビ | 法廷 | スラッシュバック | 著作権

 関連ストーリー:
インターネット経由で録画番組を視聴できるDTCP+対応NAS 2013年01月17日
番組を録画して海外に転送する「ロクラク」、最高裁で審理差し戻し判決 2011年01月26日
テレビ番組を録画し海外で視聴できるサービスは方式次第で適法 2009年01月29日
東京地裁、TV局の「まねきTV」差し止め請求を棄却 2008年06月24日
知財高裁、まねきTVに対する仮処分申し立て抗告を棄却 2006年12月22日
まねきTVに対する仮処分申請、東京地裁で却下 2006年08月06日
知財高裁、録画ネットの抗告を棄却 2005年11月20日
東京地裁が録画ネットの異議申し立て却下 2005年06月06日
番組の海外転送業は違法 東京地裁が仮処分決定 2004年10月09日
TV業界の主張は誰を幸せにする? 2004年08月13日

 

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_it

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース