ドン・キホーテ、4万9800円の4Kテレビを発表

2020年5月18日 20:00

 Anonymous Coward曰く、

 量販店チェーンのドン・キホーテが、プライベートブランド「情熱価格プラス」で4Kチューナー内蔵液晶テレビを発売する(ニュースリリース)。解像度は3840×2160で4Kチューナーも内蔵。価格は50V型モデルが4万9,800円、58V型モデルが5万9,800円(ITmediaAV Watch)。

 ドン・キホーテは2017年に5万4,800円(税別)の50V型4K液晶テレビを発売して話題となったが(日刊SPA!)、そちらは4Kチューナーを内蔵していなかった。昨今では他にも5万円前後の4Kテレビの選択肢はあるものの、2017年のモデルがそれなりに評価されていたため、今回も期待したいところではある。

 スラドのコメントを読む | ハードウェアセクション | テレビ | ハードウェア

 関連ストーリー:
シャープが有機ELパネル搭載テレビを国内で発売 2020年05月13日
民放の4K放送は映像が暗く見える、放送局側の設定が原因 2019年12月05日
4K/8K放送に関するアンケート調査、4K放送をぜひ視聴したいとの回答は12% 2018年11月06日
ソニー、チューナーを搭載しない業務用ブラビアを発表 2018年03月28日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

スラド

関連キーワード

4Kドン・キホーテ