Officeの更新プログラム導入するとAccessでクエリエラー発生との報告

2019年11月18日 18:16

 Anonymous Coward曰く、

 11月13日にリリースされたMicrosoft Officeのセキュリティ更新プログラムをインストールすると、特定の環境でAccessのクエリでエラーが発生するようになる、との報告が出ている(Togetterまとめ)。

 問題の更新プログラムは月例アップデートとしてMicrosoftの他製品のアップデートと同時に配信されたもの(窓の杜)。Microsoftも問題は把握しているらしく、サポート文書が出ている。これによると、単一のテーブルをUPDATEするクエリで、WHERE節があるとエラーが発生する模様。Access O365/2019(Version 1911)については11月24日、ほかについては12月10日に修正予定。また、クエリ文を修正することでも対応できるとされている。

 スラドのコメントを読む | セキュリティセクション | セキュリティ | マイクロソフト | バグ

 関連ストーリー:
1月2日にWindows Updateで配信されたExcel 2010向けアップデートに不具合 2019年01月07日
Microsoft月例Update、MS07-002でExcel2000に不具合発生 2007年01月11日
10月公開のWindows 2000用パッチに不具合 2006年10月23日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

スラド

関連キーワード

セキュリティMicrosoftOffice