[写真]下水中のウイルス濃度から新型コロナ流行を早期予測可能に 東北大らの研究

2021年6月12日 16:00

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
東京都における陽性診断者数の移動平均値(7日間)と、今回の研究で構築した数理モデルを用いて計算した下水中新型コロナウイルス排出量と排出者数(感染者数)推定値。糞便中への排出は発症の2日前に始まると仮定している。(画像: 東北大学の発表資料より)

東京都における陽性診断者数の移動平均値(7日間)と、今回の研究で構築した数理モデルを用いて計算した下水中新型コロナウイルス排出量と排出者数(感染者数)推定値。糞便中への排出は発症の2日前に始まると仮定している。(画像: 東北大学の発表資料より)

この写真の記事を読む