2015年12月25日 20:40

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
物質中を互いに逆向きに進む一対の光の模式図。物質は直方体で表されており、黒い矢印の方向に光は進んでいる。青い波と赤い波はそれぞれ電気の波と磁気の波を示す。薄桃色の円筒は、光の強さを定性的に表している。 (a)は通常の物質を逆向きに進む一対の光。 (b)は方向二色性。左向きに進む光の吸収は小さく、右向きに進む光の吸収が大きい。(c) 一方向透明現象。左向きに進む光にとっては透明だが、右向きに進む光は強く吸収されている。(東京大学の発表資料より)

物質中を互いに逆向きに進む一対の光の模式図。物質は直方体で表されており、黒い矢印の方向に光は進んでいる。青い波と赤い波はそれぞれ電気の波と磁気の波を示す。薄桃色の円筒は、光の強さを定性的に表している。 (a)は通常の物質を逆向きに進む一対の光。 (b)は方向二色性。左向きに進む光の吸収は小さく、右向きに進む光の吸収が大きい。(c) 一方向透明現象。左向きに進む光にとっては透明だが、右向きに進む光は強く吸収されている。(東京大学の発表資料より)

「サイエンス」の写真ニュース

サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

IT・サイエンスの最新ニュース

RSS

もっと見る

広告

広告