1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 早稲田大学(1)

早稲田大学のニュース一覧

AI時代のデータセキュリティ問題を解決することを目指すスタートアップ、EAGLYS(イーグリス)は28日、SBIホールディングス子会社のSBIインベストメントが運営するSBIAI&Blockchain 投資事業有限責任組合と、早稲田大学発祥のベンチャー、ユーザーローカルを引受先とする、第三者割当増資による資金調達を行ったことを発表した。 01/28 19:58

IoT機器からクラウド環境への通信量を大幅に削減(写真:NECの発表資料より)

NEC、東京大学、NTT、早稲田大学は24日、IoT共通基盤を共同で開発し、IoT(モノのインターネット)機器と共通基盤間における重要通信保護に関する実証実験を2018年12月中旬から中国地方で開始すると発表した。 01/25 17:24

「Ari Kiri note」の仕組み。(画像: ExPAの発表資料より)

ExPA(東京都渋谷区)は、学生の挑戦を支援するメディアである「Ari Kiri media」に続く学生向けサービスのβ版を開始した。 01/21 11:50

慶応義塾大学や京都大学、早稲田大学などの研究者らがトヨタ自動車などと協力して進める「革新的燃焼技術」プロジェクトが、乗用車用のガソリンエンジンおよびディーゼルエンジンで熱効率50%以上を達成したと発表した。 01/18 23:14

極端紫外線フェムト秒レーザーによる合成石英の熱影響評価と加工概念図(写真:産総研の発表資料より)

東京大学、早稲田大学、産業技術総合研究所(産総研)は23日、極端紫外線フェムト秒レーザーで合成石英への極めて熱影響の少ないレーザー加工を実現したと発表した。 10/25 08:15

オニツカタイガー 早稲田大学キャンパスで2019春夏コレクション発表

「オニツカタイガー(Onitsuka Tiger)」が、イタリア人デザイナーのアンドレア・ポンピリオ(ANDREA POMPILIO)による2019春夏コレクションを発表。 10/24 00:32

オキシトシン反復投与で脳活動改善効果を有意に認めたヒト脳の内側前頭前野。(画像:日本医療研究開発機構発表資料より)

自閉スペクトラム症(ASD)に対する治療法として現在、強い注目を集めているオキシトシン。 10/01 09:17

8月20日、Twitterを中心に「東京五輪学生ボランティア応援団」のサイトが大きな話題となった。 08/22 17:01

「フェルミ・バブルと巨大ループ構造、太陽系の位置関係」(画像: 早稲田大学の発表資料より)

天の川銀河の中心からは、巨大ガンマ線バブル(フェルミ・バブル)が噴出しているが、これは1,000万年前に大爆発があった証だということが、早稲田大学らの研究により突き止められた。 08/07 21:58

ATPの濃度変化によって蛍光強度が変わるRGBカラーの蛍光ATPセンサー(画像:早稲田大学の発表資料より)

早稲田大学は24日、東京大学、シンガポール国立大学、ハーバード大学と共同で、細胞の中のエネルギー代謝に関わるアデノシン3リン酸(ATP)の活動を、細胞内の部位別に異なる蛍光の経時変化として視覚化して観察できる赤・緑・青(RGB)色の蛍光ATPセンサーの開発に成功したと発表した。 07/26 18:48

生体組織表面に貼り付けた無線給電式発光デバイス(写真:早大発表資料より)

早大と防衛医大は17日、生体組織表面にシールのように貼り付けられる体内埋め込み型の発光デバイスを開発。 07/18 08:30

原始太陽系星雲のイメージ図。左図はシリカ結晶(SiO2)構造の図。赤色粒子はシリコン原子、青色粒子は酸素原子を示す。右上図は今回発見したアメーバ状かんらん石集合体の電子顕微鏡写真。((c)NASA/JPL-Caltech)

早稲田大学のフェイガン・ティモシー教授らの共同研究グループは、1979年に南極地域観測隊が採取した隕石から、太陽が誕生して間もない頃に形成されたと考えられるシリカを世界で初めて発見した。 07/08 21:20

「はくちょう座X-1」の想像図(ESAより)。(画像:広島大学発表資料より)

世界で初めて、ブラックホール連星系からの偏光の硬X線による高信頼性の観測に成功した。 07/01 09:39

早稲田大学が政治経済学部の2021年度一般入試より、数学Ⅰおよび数学Aを入学試験の必須科目とするという(早稲田大学の発表PDF)。 06/13 00:00

 1 2 3  次へ進む

広告