1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 東京医科歯科大学(1)

東京医科歯科大学のニュース一覧

東京医科歯科大と富士通が新型コロナ肺炎患者の重症化や看護師の業務量を予測するAIの共同研究を開始

世界では新型コロナウイルス感染症の広がりの中でAIが大活躍している。 02/05 08:33

今回構築したクリスパーキャス9の活性を制御する仕組み(広島大学の発表より)

広島大学と東京医科歯科大学の研究グループは26日、細胞分裂で生じた細胞が母細胞となり、再び細胞分裂するまでの細胞周期のメカニズムを生かし、クリスパーキャス9によるゲノム編集を安全かつ正確に行う技術を確立したと発表した。 10/30 15:57

年齢による月経周期日数・卵胞期体温・黄体期体温の変化。月経周期・黄体期体温は年齢により大きな変化を示す一方で、卵胞期体温は年齢によらず一定の値を示している。実線は5%trim平均、破線は標準偏差。(画像: 日本医療研究開発機構の発表資料より)

女性の健康管理や出産などを考えるうえで、月経周期や基礎体温に関する知見は必要不可欠なものである。 06/13 17:10

約60日間培養し形成されたミニ多臓器(左)と実体顕微鏡による観察像(右)(写真:東京医科歯科大学の発表資料より)

東京医科歯科大は26日、ヒトのiPS細胞から肝臓、胆管、膵臓といった隣接した臓器を同時発生させる技術を確立したと発表した。 09/26 17:29

5月8日の財経新聞ライフ欄に「飲料水としての「水道水」に関する考察・途中報告」と題する一文を投稿した。 08/26 11:56

皮膚の老化は幹細胞の「競争」によって発生するという論文が発表された。 04/09 21:28

研究の概略。 (画像:東京医科歯科大学発表資料より)

Developmental Origins of Health and Disease(DOHaD)仮説。 02/15 22:51

医療器材のリサイクルに向けて医療業界での検討が始まった。医療機関独断で医療器材を再使用しているケースも少なくないことを受け厚生労働省が制度化を行い、早ければ2018年度中にリサイクル品の販売を始める方針。

日本の医療は器材や技術も含め世界最高峰ともいわれている。 02/14 12:03

開発された治療法の概略。(画像:東京医科歯科大学発表資料より)

東京医科歯科大学と名古屋大学からなる共同研究グループは、エレクトロニクスフリーかつタンパク質フリー、すなわち、機械的構造を持たず、タンパク質をも利用しない、しかしインスリンの自律的放出を行う機能を持った、人工膵臓の開発に成功した。 11/30 15:41

ナノマシンのイメージ図。

ヒトを含む高等生物の血管網には、血液脳関門という、脳に異物が入り込まないようにするための障壁がある。 10/22 21:32

研究の概要。(図:東京医科歯科大学発表資料より)

東京医科歯科大学などの研究グループは、脳梗塞によって血流が止まった脳の領域に、血管を誘引する機能を持ったスポンジ形状の人工細胞足場を開発した。 05/14 16:56

慢性炎症が起こるしくみをあらわした模式図(東京医科歯科大学の発表資料より)

東京医科歯科大学の下門顕太郎教授・篠崎昇平准教授らによる研究グループは、老化に伴って起こる病気に共通した発症の原因が、SIRT1のS-ニトロソ化による活性低下であることを明らかにした。 11/14 21:33

広告

広告