ホーム > ニュース一覧 > ライフ > 健康 > 再生医療(3)

再生医療のニュース(ページ 3)

NEDO、AIベンチャー企業を支援 研究テーマ6件を採択

新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)は8日、人工知能(AI)の社会実装を進めることを目的に、優れたAIベンチャー企業の研究テーマ6件を採択したと発表した。
08/09 19:06

京大開発の新たな人工皮膚、医療機器として製造承認

細胞治療に匹敵する皮膚再生を可能とする人工皮膚。
04/21 21:19

カニの殻に含まれる「キチン」由来物質に発毛効果

カニの殻などに含まれている物質「キチン」から作られる「キチンナノファイバー(CNF)」に発毛効果があることが分かったという。
03/28 14:36

再生医療周辺産業の市場予測、30年には15年比約22.6倍と急拡大へ

シード・プランニングは23日、国内における再生医療周辺産業の市場予測を発表した。
03/28 07:00

世界初、肝臓の細胞の若返りに成功!肝臓病の新たな治療法に期待

世界で初めて、ヒトの肝臓細胞の元となる肝前駆細胞の作成に国立がん研究センターの研究グループが成功させた。
03/13 21:15

iPS細胞から作った心筋シートの心臓病治療、大阪大学が承認

iPS細胞(人工多能性幹細胞)から作られた心臓筋肉の細胞シートを心臓病患者に移植して治療する臨床研究について、大阪大学内の委員会は大筋で承認した。
03/02 07:06

iPSや細胞製造などの関連市場、30年には1500億円に拡大へ

富士経済は21日、iPS・細胞製造プラント/培養受託など、研究のみならず治療での活用も広がりをみせるティッシュエンジニアリング関連市場について調査結果を発表した。
11/25 15:43

「臍帯血移植」を無届けで行った医師ら逮捕

やや旧聞となるが、妊婦のへその緒(臍帯)に含まれる「臍帯血」を無届けで移植していたとして、複数の医師や「臍帯血販売会社」関係者らが逮捕された(朝日新聞、徳島新聞)。
09/11 22:07

富士フイルム、戦略的M&A投資で成長を加速 新中期計画を発表

富士フイルムホールディングスは、1934年写真・フイルムの国産化を目指して創業された。
09/04 16:21

京大、iPS細胞でパーキンソン病の症状改善 猿に移植して確認

京都大学の高橋淳教授らの研究グループが31日、ヒトiPS細胞由来の細胞により、パーキンソン病になった猿の症状が軽減されたと発表。
09/01 07:17

血小板の量産、「iPS細胞」で可能に 20年の承認を目指す

7日の日本経済新聞は万能細胞「iPS細胞」を使って、血液成分の血小板を量産する技術を世界で初めて確立したことを伝えている。
08/07 17:42

iPS細胞研究から初の新薬誕生か 筋肉が骨と化す難病治療に向け治験へ

1日に京都大学iPS細胞研究所の戸口田淳也教授らのグループは、筋肉や腱などが骨に変化してしまう難病、進行性骨化性線維異形成症(FOP)の治療薬候補を定めたと発表。
08/01 21:36

理研、臓器の形成過程を計算 ヒトや動物の発生メカニズムの解明に期待

再生医療にも有用となる体組織の形成過程を知るには、発生過程で組織全体がどのように変形するのかを定量的に理解する必要がある。
05/22 07:43

脳梗塞領域に血管を誘引する人工細胞足場を開発 再生治療への道

東京医科歯科大学などの研究グループは、脳梗塞によって血流が止まった脳の領域に、血管を誘引する機能を持ったスポンジ形状の人工細胞足場を開発した。
05/14 16:56

最新のゲノム編集技術をヒト表皮細胞に適用 三次元表皮モデルの作製に成功

これまで、培養した細胞を用いて遺伝子の機能を調べるには、標的となる遺伝子の発現を弱めた細胞を作製し、通常の細胞と比較する方法が用いられてきた。
04/05 07:40

AIでフェイクニュースを判定、計算社会科学の応用ひろがる

米大統領選以降、メディアに対してフェイクニュースの判定・対処を求める声が強まっている。
03/28 12:03

京大がヒトiPS 細胞から高効率に血管細胞を作る方法を開発

血管は全身の様々な臓器や組織に備わっており、その形成・維持はもちろん、がん、創傷治癒など様々な病態においても多彩な役割を果たし、ヒトの生老病死の全ての過程に深く関与している。
03/25 11:06

再生医療で細胞提供が可能な人は60%、大病経験の有無が抵抗感に影響

2015年の再生医療関連諸法の施行以降、新たに再生医療等製品が薬事承認を取得するなど、再生医療の早期の治療応用に向けた環境整備が進められている。
03/23 08:33

iPS細胞から血管を作る効率的技術、京大が開発

京都大学の研究グループは、ヒトの多能性幹細胞(iPS細胞)から極めて高い効率で血管内皮細胞を作成する技術を開発した。
03/19 17:15

再生医療のドナーとなっていいは60%弱も、好意的な社会意識

2015年の再生医療関連諸法の施行以降、新たに再生医療等製品が薬事承認を取得するなど産業化に向けた動きは加速している。
03/10 09:47

前へ戻る   1 2 3