1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 政治・社会
  4.  > 社会
  5.  > 文部科学省(1)

文部科学省のニュース一覧

文部科学省より戦後最大と言われる教育大改革が行われ、2020年4月には新学習指導要領が小学校で全面実施される。 01/27 13:28

文部科学省が設置した、高校の部活動や生徒会活動、ボランティア、留学経験といった活動履歴や資格取得歴を登録し大学入試における合否判定に使用するサービス「ジャパン e-ポートフォリオ」を利用する際に、ベネッセが提供するIDの取得が必須になっている点について懸念の声が出ている(西日本新聞)。 01/18 17:31

積水ハウスが行った小学校プログラミング教育の授業風景。考えた未来の家を発表

近い将来、今まで人間が判断していた事を人工知能が肩代わりする世の中が訪れるといわれている。 11/17 21:17

従来の合金(左)と高エントロピー合金(右)(写真:NIMSの発表資料より)

物質・材料研究機構(NIMS)は16日、形状記憶効果をもつ高エントロピー合金の開発に成功したと発表した。 10/18 09:23

(画像:日本教育財団の発表資料より)

8月30日に行われた文部科学省の大学設置・学校法人審議会での審議の結果、「東京国際工科専門職大学」の設置を可とする答申が行われ、近日中に文部科学大臣より2020年4月の開学が認可される見通しとなった。 09/02 08:05

文部科学省が、素粒子観測施設「ハイパーカミオカンデ」の建設方針を固めたという。 08/23 21:42

やや旧聞になるが、OECDが教育に関するレポートTALIS 2018を6月20日に公開した。 07/09 12:35

アキュラホームの拠点近隣にある小学校や中学校を対象に、間伐材を加工して製作した小学校学習机の天板を寄贈

「自然は常に教育よりも一層大きな力を持っていた」 これは、フランスの著名な哲学者、ヴォルテールが残した言葉だ。 06/09 20:34

文部科学省は5日開かれた未来投資会議で「国際化を徹底して進める大学を重点支援する取り組みを実施していく」ことで目標を達成したい考えを示した

政府は2020年までに外国人留学生の受け入れを30万人にする取り組みをすすめており、文部科学省は5日開かれた未来投資会議で「国際化を徹底して進める大学を重点支援する取り組みを実施していく」ことで目標を達成したい考えを示した。 06/07 09:16

紫外線が人体に与える悪影響については広く知られるようになっているが、一方で紫外線対策としての日焼け止め利用を禁止・制限する小中学校も未だに多いという。 06/04 21:03

文部科学省によれば、今回の大学無償化法は、低所得者世帯を対象に大学などの授業料減免と、返済が不要な給付型奨学金の拡充を実施する

低所得者世帯を対象に大学など高等教育を無償化する大学等修学支援法が10日の参院本会議で与党などの賛成多数で可決、成立した。 05/16 08:57

公立学校の教員は時間外勤務手当が出ない。給与に関する特別措置法があるのだ。労働基準法に基づいた働き方ができるような改正を求める署名が出されたが、部活指導や補導対応などがあり、また教師の仕事は労働時間と比例するものではないという意見もある。

公立の学校で勤務する教員は時間外勤務に対して手当が出ない。 05/16 08:56

文部科学省では,グローバル化に対応した教育環境作りのため、小中高等学校を通じた英語教育改革計画を新たに公表した。

文部科学省では,グローバル化に対応した教育環境作りのため、小中高等学校を通じた英語教育改革計画を新たに公表した。 05/14 10:05

小・中学性にスマートフォンを持たせる保護者も増えている。学校としては校内への持ち込み禁止としている場合がほとんどである。校内でのトラブルやいじめなどの可能性もあるが、登下校時に災害にあってしまった場合に保護者と連絡を取れるなどのメリットもある。

スマートフォンの普及が拡大しているなかで、小学生や中学生にスマートフォンを持たせる保護者も増えている。 05/13 08:53

 1 2 3 4 5 6  次へ進む

広告