1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > エンタメ
  4.  > 映画
  5.  > 万引き家族(1)

万引き家族のニュース一覧

アカデミー賞作品賞にノミネートされた8本の米国での配給会社は以下のようになる。写真:『ボヘミアン・ラプソディ』 (C)2018 Twentieth Century Fox

アカデミー賞作品賞にノミネートされた8本の米国での配給会社は以下のようになる。 02/14 09:48

第72回英国アカデミー(BAFTA)賞が2月10日(現地時間)に発表され、『女王陛下のお気に入り』が最多7部門、『ROMA/ローマ』が作品賞など4部門を受賞した。写真:『女王陛下のお気に入り』 (C)2018 Twentieth Century Fox

第72回英国アカデミー(BAFTA)賞が2月10日(現地時間)に発表され、『女王陛下のお気に入り』が最多7部門、『ROMA/ローマ』が作品賞など4部門を受賞した。 02/13 23:40

安藤サクラと柄本佑が2月10日に文京シビックホールにて行われた第92回キネマ旬報ベスト・テン表彰式に出席。写真:安藤サクラと柄本佑

安藤サクラと柄本佑が2月10日に文京シビックホールにて行われた第92回キネマ旬報ベスト・テン表彰式に出席。 02/11 14:09

細田守監督作『未来のミライ』が、アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる第46回アニー賞で長編インディペンデント作品賞を受賞した。写真:(C) 2018 スタジオ地図

細田守監督作『未来のミライ』が、アニメ界のアカデミー賞と呼ばれる第46回アニー賞で長編インディペンデント作品賞を受賞した。 02/04 13:37

22日(現地時間)に発表された第91アカデミー賞のノミネーション。写真:大喜びのスパイク・リー監督/『ブラック・クランズマン』Twitterより

22日(現地時間)に発表された第91アカデミー賞のノミネーション。 01/26 12:24

最多10部門ノミネートは2作品、
『ROMA/ローマ』『女王陛下のお気に入り』

第91回アカデミー賞のノミネーションが現地時間22日早朝に発表され、メキシコ映画の『ROMA/ローマ』と米・英・アイルランド合作の『女王陛下のお気に入り』が最多10ノミネートで並んだ。写真:『ROMA/ローマ』メイキング写真 Netflixオリジナル映画『ROMA/ローマ』 12月14日より独占配信中

最多10部門ノミネートは2作品、『ROMA/ローマ』『女王陛下のお気に入り』 01/24 09:03

第91回アカデミー賞のノミネーションが1月22日(日本時間)に発表となり、日本映画では是枝裕和監督作『万引き家族』と細田守監督作『未来のミライ』の2作品が見事にノミネートをはたした。写真:『万引き家族』 (C) 2018『万引き家族』 製作委員会

第91回アカデミー賞のノミネーションが1月22日(日本時間)に発表となり、日本映画では是枝裕和監督作『万引き家族』と細田守監督作『未来のミライ』の2作品が見事にノミネートをはたした。 01/23 16:24

1月15日、日本アカデミー賞の優秀賞(米アカデミー賞の候補作に該当)が発表された。写真:『カメラを止めるな!』 (C)ENBUゼミナール

1月15日、日本アカデミー賞の優秀賞(米アカデミー賞の候補作に該当)が発表された。 01/18 10:26

【週末シネマ】『ROMA/ローマ』
『万引き家族』とオスカーを争う大本命作

2月発表の第91回アカデミー賞で、是枝裕和監督の『万引き家族』と外国語映画賞を争うのはまちがいなし、というよりも外国語映画賞の最有力候補と見なされているのが、現在Netlflixで配信中のアルフォンソ・キュアロン監督の『ROMA/ローマ』だ。写真:Netflixオリジナル映画『ROMA/ローマ』

【週末シネマ】『ROMA/ローマ』 『万引き家族』とオスカーを争う大本命作 01/17 23:01

是枝裕和監督の『万引き家族』が、1月13日に行われた第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞授賞式で、日本映画としては黒澤明監督の『乱』以来33年ぶりに外国語映画賞に輝いた。写真:『万引き家族』でLA映画批評家協会賞外国語映画賞した是枝監督(左)とイ・チャンドン監督(右)

是枝裕和監督の『万引き家族』が、1月13日に行われた第44回ロサンゼルス映画批評家協会賞授賞式で、日本映画としては黒澤明監督の『乱』以来33年ぶりに外国語映画賞に輝いた。 01/14 22:24

アニメーション映画『バースデー・ワンダーランド』が、2019年4月26日(金)に公開される。 01/11 14:48

第76回ゴールデン・グローブ賞が1月6日(現地時間)に発表され、大ヒット中の『ボヘミアン・ラプソディ』がドラマ部門作品賞、主演男優賞の2部門を受賞した。写真:『ボヘミアン・ラプソディ』 (C)2018 Twentieth Century Fox

第76回ゴールデン・グローブ賞が1月6日(現地時間)に発表され、大ヒット中の『ボヘミアン・ラプソディ』がドラマ部門作品賞、主演男優賞の2部門を受賞した。 01/08 22:02

(…前編「クイーンとフレディをファンタジーに押し上げるための“史実との相違”」より続く)

【映画を聴く】2018年の総まとめ/後編
もっと評価されるべき名作『アリー/スター誕生』

『ボヘミアン・ラプソディ』人気が続いている影響もあってか、前評判も上々だった『アリー/スター誕生』が日本ではいまひとつ盛り上がっていないが、こちらも音楽映画のもうひとつの大本命として上映されているうちに劇場で見ておきたい一本だ。写真:『タリーと私の秘密の時間』 (C)2017 TULLY PRODUCTIONS.LLC.ALL RIGHTS RESERVED.

(…前編「クイーンとフレディをファンタジーに押し上げるための“史実との相違”」より続く)【映画を聴く】2018年の総まとめ/後編 もっと評価されるべき名作『アリー/スター誕生』 01/01 17:56

2018年の年間興行成績をまとめたところ、興行ランキング1位は興収93億円の『劇場版コード・ ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。写真:『劇場版コード・ブルー‐ドクターヘリ緊急救命‐』 (C)2018「劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-」製作委員会

2018年の年間興行成績をまとめたところ、興行ランキング1位は興収93億円の『劇場版コード・ ブルー -ドクターヘリ緊急救命-』。 12/27 09:39

 1 2 3 4  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_news

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告