1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 外国人旅行者(1)

外国人旅行者のニュース一覧

JAPAN Trip Navigatorホーム画面のイメージ(画像: JTB発表資料より)

JTBとナビタイムジャパン、日本マイクロソフトの3社が開発し2018年2月から運用している訪日外国人の旅行サポートアプリ「JAPAN Trip Navigator」に、レストランをオンライン予約できる機能などが追加された。 02/07 21:15

サービスイメージ(写真:富士通の発表資料より)

富士通、富士通研究所、およびEXestは16日、外国人旅行者向けに、AIにより旅行者の潜在的なニーズを捉えてツアーなどのアクティビティプランを提案し、その有効性を検証する実証実験を開始すると発表した。 01/18 09:59

韓国・香港・台湾からの旅行者に人気のエリア(画像: ブッキング・ドットコム・ジャパンの発表資料より)

ブッキング・ドットコム・ジャパン(本社・東京都港区)は8日、訪日外国人客の旅行先最新ランキングを発表した。 01/09 15:29

国土交通省観光庁では、2020年の訪日外国人旅行者の受け入れ数を年4,000万人にすべく、受け入れ体勢の強化やガイドラインの整備に邁進中だ。 12/21 08:47

(c) 123rf

2018年4月に成立した「国際観光旅客税法」が19年1月7日に施行されるが、それにより始まるのが、「国際観光旅客税」(出国税)だ。 12/17 11:53

券面デザイン(画像: 発表資料より)

首都圏の鉄道・バス12社局は、訪日外国人旅行者向けのICカード乗車券「WELCOME KANTO PASMO」を2018年12月25日から発売すると発表した。 12/15 20:12

JR日光線では2014 年 6月より、訪日外国人観光客に、よりわかりやすい乗車案内と観光案内を行うため、タブレット端末を活用して英語での車内放送を行っている。 11/17 09:43

バッテリーが収納されたステーション。2020年までの1万台設置を目指している。(画像: オーロラ)

外出先でスマートフォンなどの充電が必要になったとき、店舗などに設置されたステーションから充電用バッテリーを借りられるサービスを、外国人起業家によるベンチャー企業「オーロラ」(東京都荒川区)が8月末から開始した。 09/04 19:49

小田急電鉄は、小田急沿線および小田急グループ施設への誘客やPRを目的とした観光プロモーションの業務委託事務所を新たに中国、台湾、ベトナム、インドネシアに設置、9月1日ら始動した。 09/02 10:24

信越本線「越乃Shu*Kura」(画像: JR東日本)

JR東日本は、訪日外国人旅行者向けのインターネット指定席予約サービス「JR-EAST Train Reservation」の対象列車を拡大し、商品の利便性向上とサービスの拡充を図る。 08/31 07:02

ゆいレールで「Alipay」を利用した鉄道改札機決済の流れ。(画像:TISインテックグループ発表資料より)

沖縄都市モノレールが運行する「ゆいレール」において、電子決済サービス「Alipay(支付宝/アリペイ)」を直接鉄道改札機で利用するための実証実験が、6月22日から開始された。 06/23 09:53

上野駅に設置されている「JR EAST Travel Service Center」。

JR東日本は、7月1日、浜松町駅に「JR EAST Travel Service Center(JR東日本訪日旅行センター)」を開設する。 06/20 09:09

サービスのイメージ。(画像:JTB発表資料より)

JTBのグループ企業であるJTBビジネスイノベーターズは、Fintechベンチャー企業であるアイ・ティ・リアライズ社と協業し、インバウンド(訪日外国人旅行者)向けのスマホ決済サービス「Japan Travel Pay」の実証実験を2018年8月から開始する。 06/13 19:24

2020年秋に開業する「モクシー大阪新梅田」 周辺エリアのさらなる賑わい創出が期待される

日本政府観光局の発表では、2017年の訪日外国人は2869万人。 06/10 21:38

 1 2 3 4  次へ進む

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告