otomo、訪日外国人旅行者に新しい日本の楽しみ方提案 トラベルメディアと提携

2019年8月2日 20:59

小

中

大

印刷

(画像: otomoの発表資料より)

(画像: otomoの発表資料より)[写真拡大]

写真の拡大

 インバウンド向けプライベートツアーを提供しているotomo(東京都文京区)は、訪日外国人旅行者向けに、テーマに沿った新しい日本の楽しみ方を提案する「Unique Experience Japanプロジェクト」を始動させた。今回のローンチは、複数のトラベルメディアとの連携により実現した。

【こちらも】訪日客向けアプリ「JAPAN Trip Navigator」、レストラン予約など追加

 otomoは、外国人観光客向けに、全国各地のツアープランとガイドを紹介し、プライベートツアーを提案している。一般的な観光地巡りではなく、その地の特色を引き出すユニークなツアーの提案を通じて、外国人旅行者にとって忘れられない日本での旅行体験を提供している。

 訪日外国人旅行者は、その増加に伴いリピーターも増えており、年間3,100万人の訪日外国人旅行者のうち、約6割(61.4%)の1,760万人がリピーターだ。そのうち10人に1人は、10回以上のヘビーユーザーで、何度訪れても新しい体験ができる、日本の多様性のある楽しみ方やコンテンツを求める傾向が強まっているという。

 この背景には、団体ツアーではないFIT(Foreign Independent Tour/個人旅行)が増え、特に最近は、特別なテーマや目的に絞った旅行を楽しむSIT(Special Interest Tour)が増えていることがあるという。

 今回のUnique Experience Japanプロジェクトも、こうしたニーズに対応すべくスタートさせる。始動にあたっては、インバウンドプラットフォームが運営する外国人向けの観光情報サイト「Japan Web Magazine」と、KADOKAWAグループの台湾における日本の人気情報誌「Walker Media」と協業する。両者とともに、新しい日本の楽しみ方を提案するモデルコースを、2週間に1回のペースで発信していく予定だ。

 otomoは、このプロジェクトを通じて、新たな観光コンテンツの創出や発信とともに、訪日外国人旅行者の満足度向上や地域振興につなげたい考えだ。

関連キーワードインバウンド訪日外国人外国人旅行者台湾

広告

広告

写真で見るニュース

  • 「ザ・コラーゲン B-Shot」(画像: 資生堂の発表資料より)
  • 第46回東京モーターショーでダイハツが出展する予定のコンセプトカー「WakuWaku(ワクワク)」(画像: ダイハツ工業の発表資料より)
  • 2020年2月にヴィッツから改名されて発売されるトヨタ・ヤリス(画像: トヨタ自動車発表資料より)
  • 撮影された全天球画像を平面図に置き換えたもの。(c) JAXA
  • 導入される次世代型電動車いすのイメージ。(画像: JALの発表資料より)
  • ボディ用とガラス・内装用を使い分ける©sawahajime
  • 新型「ヤリス」フロント(プロトタイプ)(画像:トヨタ自動車発表資料より)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース