1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 経済
  4.  > 経済一般
  5.  > 固定価格買取制度(1)

固定価格買取制度のニュース一覧

積水ハウスは全国の住宅展示場等施設を再生可能エネルギー100%化へ

4月14日に環境省が発表した2018年度の温室効果ガスの総排出量によると、温室効果ガスの総排出量の確報値は二酸化炭素(CO2)換算で12億4千万トン。 04/27 09:00

富士経済が再生可能エネルギー発電システムの国内市場を調査。2018年度の市場規模は1兆521億円。8割を占める太陽光発電は縮小傾向で推移。風力発電システムや水力発電システムは拡大傾向。

再生可能エネルギー発電は2000年代までは年平均5%程度の緩やかな拡大で推移していたがFIT(固定価格買取制度)が導入された13年以降は計画から運用までのリードタイムの短い太陽光発電が年平均30%の勢いで急拡大することとなった。 08/08 09:04

日本においては、一般家庭において太陽光発電などで発電された電力を電力会社が政府の定めた価格で買い取る固定価格買取制度が2009年11月より導入されている。 05/27 21:57

アキュラホームが発売を開始した「ミライの家」は、ZEH+仕様の省エネ性能に加え、全館空調、800万円相当の大容量40kWh蓄電池、電気自動車まで付いた、超高コストパフォーマンス住宅だ。

桜の季節が過ぎ、日ごとに暖かさが増してくると、目や耳にする機会が多くなるのが「省エネ」の3文字だ。 04/28 22:12

自社物件の「卒FIT」オーナーに向けて電力買取を行い、自社の事業用電力に活用する「積水ハウスオーナーでんき」

2019年11月から、再生可能エネルギーの固定価格買取制度(FIT制度)の買取期間が順次終了を迎え始める、いわゆる太陽光発電の「2019年問題」だ。 02/03 23:30

2019年よりFIT余剰電力買取制度が順次終了。富士経済がFIT対象住宅の現状と太陽光住宅の動向について調査

2019年11月からFIT(固定価格買取制度)が終了する太陽光住宅が出始める。 11/14 09:23

サービスの概要(イオン発表資料より)

イオンと中部電力は12日、国が導入した固定価格買い取り制度(FIT)が終了した家庭の太陽光発電で出た余剰電力をイオングループの店舗で使用する方針を明らかにした。 11/13 08:29

九州電力は13日と14日にサービス地域内にある太陽光発電による発電の出力抑制を実施したが、太陽光発電を中心としたインフラ投資を行う日本再生可能エネルギーインフラ投資法人【9823】は14日、その影響を発表した。 10/16 19:19

太陽光発電電力の買取価格は年々下落傾向にある。かわりに注目を集めている全量自家消費型太陽光発電には、いくつかのメリットが

2012年にスタートしたFIT(再生可能エネルギーの固定価格買取制度)は、太陽光や風力発電などにより生み出された再生可能エネルギーを一定期間、電力会社に売電できるというもの。 08/22 11:17

神奈川県相模原市の太陽光発電システム(画像: 京王電鉄)

京王電鉄は、同社所有のいずれも岩手県宮古市にある2カ所の土地で、2019年秋に向けて太陽光発電事業を開始する。 06/14 22:09

再生可能エネルギーのエースとも期待されている太陽光発電の事業者倒産が、2017年度は史上最多を記録したことが、東京商工リサーチが5日発表した調査結果から分かった。 04/08 09:47

発電に使われる予定の舛玉砂防堰堤。(画像:日本工営発表資料より)

日本工営は、同社のグループ会社である工営エナジー、ならびに山形県の大蔵村、そしてもがみ自然エネルギー社と共同出資で「おおくら升玉(ますだま)水力発電株式会社」を設立、銅山川の舛玉砂防堰堤に小規模な水力発電所を建設する事業を進めることで合意した。 01/24 15:17

(グラフ: トレンド総研の発表資料より)

一年の中で電気代が最も高い季節は?と問われれば、多くの人々が「冬」と答えるのではないだろうか。 01/04 22:06

「松山バイオマス発電所」(写真: 豊田通商の発表資料より)

豊田通商のグループ会社である「エネ・ビジョン」は15日、愛媛県初となる木質バイオマス発電所の竣工式を行ったと発表した。 11/16 16:58

 1 2  次へ進む

広告

広告