CX-5のニュース(ページ 3)一覧

マツダCX-9 (c) 123rf

マツダが、基本プラットフォームを「ラージ」と「スモール」に分けるという。 06/05 20:16

マツダ・CX-5(画像: マツダの発表資料より)

マツダ・CX-5の「SKYACTV-G 2.5L」と名付けられたガソリンエンジンだが、電子制御はともかく気筒休止機構に見られるように、通常使用でも4,000回転はするとみられるバルブ開閉機構の細工は、不安さえ感じさせる精度だ。 05/07 21:21

マツダ・CX-5(画像: マツダの発表資料より)

マツダ・CX-5は、1年余りでのマイナーチェンジだが、進歩は早い。 05/07 18:26

マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE」を搭載した3列シートのSUV「マツダCX-8」の安全性は最高ランクと証明

マツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を搭載した3列シートのSUV「マツダCX-8」が、2017年度自動車アセスメント(JNCAP)予防安全性能評価において、すべての評価項目で満点の成績を収め最高ランクである「ASV++(エーエスブイ・ダブルプラス)」を獲得したと発表した。 04/12 11:31

「北京モーターショー2018」で中国初公開・参考出品する3列シートクロスオーバーSUV「マツダCX-8」

マツダは、「北京モーターショー2018」の出展概要を明らかにした。 04/11 15:41

マツダ・CX-5 XD L Package(画像: マツダの発表資料より)

マツダは2月8日、マツダを代表するSUV「CX-5」を改良し3月8日に発売すると発表した。 02/13 11:41

マツダが「東京オートサロン2018」に出展する3列シートSUV「CX-8」

マツダは、2018年1月12日~14日に幕張メッセで開催される「東京オートサロン2018」において、新型「マツダ CX-8」や「マツダ ロードスター特別仕様車 RED TOP」のカスタマイズカーを出品する。 12/15 18:36

マツダは、自動車の大型外装部品に使用可能なバイオエンジニアリングプラスチックを開発し、「マツダ CX-5」のフロントグリルに採用した

マツダは、自動車の大型外装意匠部品として使用可能なバイオエンジニアリングプラスチックを開発し、「マツダCX-5」のフロントグリルに採用する、とを発表した。 12/05 07:32

ロサンゼルス自動車ショー「Los Angeles Auto Show」で初公開される、新たに2.5リッター直噴ガソリンターボエンジン「SKYAVTIV-G2.5T」搭載の「Mazda6」

マツダは、商品改良した「Mazda6(日本名:マツダ・アテンザ)」のセダンモデルを、12月1日から10日まで開催されるロサンゼルス自動車ショー「Los Angeles Auto Show」(プレスデー:11月29日・30日、一般公開日:12月1日から10日)において、世界初公開する。 11/17 22:31

「スイフト スポーツ」(写真: スズキの発表資料より)

自動車研究者ジャーナリスト会議(RJC)は15日、「RJCカーオブザイヤ―」を発表した。 11/16 20:20

グローバルな人気に応える恰好で「マツダCX-5」の生産増強を発表したマツダ

マツダは、グローバルで高まる需要に柔軟かつ迅速に対応するために、防府第2工場(山口県防府市)で新型「マツダ CX-5」の生産を開始したと発表した。 10/18 15:45

新型「CX-8」(写真: マツダの発表資料より)

マツダは14日、新型3列シートクロスオーバーSUV「CX-8」の予約受付を開始した。 09/15 17:03

全グレードにマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備した「CX-5」、同時にアテンザも同様の改良を受けた

マツダは、「マツダ CX-5」「マツダ アテンザ」をマイナーチェンジし、全機種にマツダの先進安全技術「i-ACTIVSENSE(アイ・アクティブセンス)」を標準装備したと発表した。 08/04 08:22

新型CX-8のボディは全長×全幅×全高4900mm×1840mm×1730mm、ホイールベース2930mm。同社のミッドサイズSUVのCX-5に較べると車幅はほぼ同じだが、全高が40mmほど高く、全長が350mmほど長い

マツダは、2017年中に発売予定の、国内向け新世代商品として初めて3列シート採用する新型クロスオーバーSUV「マツダ CX-8」の外観画像を一部公開した。 07/25 16:16

前へ戻る   1 2 3 4 5  次へ進む

広告

広告

写真で見るニュース

  • 第59回ルマン24時間耐久レース優勝車 マツダ787B(画像: マツダ許諾済み)
  • 重力レンズ効果を受ける前のクエーサー「MG J0414+0534」の本来の姿 (c) ALMA (ESO/NAOJ/NRAO), K. T. Inoue et al.
  • 太陽と地球と月。
  • (c) 123rf
  • 1054年の超新星爆発 SN1054 の超新星残骸である「カニ星雲」の写真。野本氏らが1982年に発表した論文では、SN1054は太陽の約9倍の質量の星が、電子捕獲を引き起こしたことで生じた超新星爆発であることを示唆しているが、今回の研究結果は、この特徴をシミュレーションからでも説明できることを示唆する。(c) NASA、ESA、J. DePasquale (STScI)、and R. Hurt (Caltech/IPAC)
  • パークウエィ26RE(有限会社オークラオートサービス使用許諾 http://www.okura-auto.co.jp/rw/album/ta13l/image/pw000003.jpg)
 

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告