1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 環境・エコ
  4.  > 再生可能エネルギー
  5.  > バイオマス(1)

バイオマスのニュース一覧

PMPE大腸菌を用いたモノづくりの概要。(画像: 発表資料より)

神戸大学、理化学研究所、科学技術振興機構は、15日、バイオマスから微生物を使ってナイロンの原料に簡単に転換できるムコン酸等の有用な化学物質を高効率に生産する技術(以下、PMPE技術)を開発したと発表した。 01/17 18:17

従来の外部加熱方法(A)およびマグネトロン式のマイクロ波加熱(B)と、今回使用された半導体式のマイクロ波を用いたバイオマスの加熱方法(C)の比較。(画像: 東京工業大学の発表資料より)

東京工業大学と産業技術総合研究所(産総研)は25日、半導体式マイクロ波発振器等を使い、マイクロ波によるバイオマスの超急速熱分解に成功したと発表した。 11/28 11:24

NTTが独自の電力網整備に乗り出すそうだ。 11/14 09:31

カシューナッツの殻から誕生した無色透明でフレキシブルな材料(写真:東京農工大の発表資料より)

再生可能な生物資源である「バイオマス」。 08/22 06:55

富士経済が再生可能エネルギー発電システムの国内市場を調査。2018年度の市場規模は1兆521億円。8割を占める太陽光発電は縮小傾向で推移。風力発電システムや水力発電システムは拡大傾向。

再生可能エネルギー発電は2000年代までは年平均5%程度の緩やかな拡大で推移していたがFIT(固定価格買取制度)が導入された13年以降は計画から運用までのリードタイムの短い太陽光発電が年平均30%の勢いで急拡大することとなった。 08/08 09:04

エコニコール製クッションが採用されたRobocar Walk(三井化学発表資料より)

三井化学と三井化学SKCポリウレタンは23日、バイオマスプラスチック原料のバイオポリオール「エコニコール」が、ZMPが販売する自動運転車両の新モデル「Robocar Walk」に採用されたと発表した。 07/23 19:35

アサヒビールとパナソニックが共同開発した世界初の「高濃度セルロースファイバー成形材料」活用のビール用カップ「森のタンブラー」

アサヒビールとパナソニックが協働で「高濃度セルロースファイバー成形材料」を活用した、世界初のビール用カップ「森のタンブラー」を開発した。 07/15 21:56

(a)一般的な藻類含水バイオマスの脱水・乾燥工程、(b)太陽光を用いた水蒸発メカニズムと(c)階層構造を持つグラフェン。(画像:筑波大学発表資料より)

藻類バイオマスは99%以上が水分である。 06/22 18:46

近年の日本では、様々な業界で人手不足が叫ばれている。 06/17 07:36

(画像:日清食品発表資料より)

日清食品は、「カップヌードル」の容器を2021年までに従来のものから改め、バイオマスECOカップに切り替えていくと発表した。 06/12 11:46

リサイクルの概要。(画像:セブン&アイ・ホールディングス発表資料より)

世界でも初めての試みであるという。 06/06 11:49

トヨタと米トラックメーカーのケンワース(Kenworth)と共同で開発した「T680」をベースとした第3世代と言える燃料電池大型商用トラックを公開

トヨタ自動車の北米事業体であるToyota Motor North Americaは、米国カリフォルニア州ロサンゼルス港で開催された、貨物輸送の「ゼロ・エミッション化」を目指してロサンゼルス市港湾局が開催したプロジェクトのイベントにおいて、米トラックメーカーのケンワース(Kenworth)と共同で開発した燃料電池(FC)大型商用トラックを公開した。 04/25 09:12

ムスカ・バイオマスリサイクルシステム(伊藤忠発表使用より)

伊藤忠商事は23日、昆虫を利用して100%のバイオマスリサイクルシステムを開発したムスカと戦略的事業パートナーシップを締結し、国内初のムスカ・バイオマスリサイクルプラントへの参画を検討すると発表した。 04/24 09:22

東京電力HDも洋上風力発電事業の候補地として、銚子沖を決めたと伝えられた。 02/27 11:49

 1 2 3 4  次へ進む

広告