1. ホーム
  2.  > ニュース一覧
  3.  > 秦(1)

秦のニュース一覧

低金属星の周囲に見られる「小さな惑星系」のイラスト(C)Michael S. Helfenbein

イェール大学の研究によると、複数の惑星を持つ小さな惑星系は、重元素(金属)が多い恒星よりも低金属量の恒星の周りに形成されやすいことがわかった。 11/04 19:53

ハッブル宇宙望遠鏡で確認された惑星状星雲M3-1の画像(C)David Jones / DanielLópez - IAC

スペインの天文学チームが、惑星状星雲「M3-1」の中心に公転周期がわずか3時間強の連星系を発見した。 11/04 10:51

宇宙の微小重力環境での研究や開発を行うアメリカのスペース・タンゴ社がパーキンソン病(PD)患者と一次性進行型多発性硬化症(PPMS)患者の細胞を国際宇宙ステーション(ISS)へ送ることがわかった。 10/29 11:49

宇宙初期に形成された「超銀河団」を発見。(C)ESO/L. Calçada & Olga Cucciati et al.

ビッグバンから20億年後の宇宙で、無数の銀河が集まった超銀河団が発見された。 10/29 07:44

高速電波バーストを観測するASKAPのイメージ図(C)OzGrav, Swinburne University of Technology.

オーストラリアのCSIRO電波望遠鏡で「高速電波バースト(FRB)」という宇宙空間の深淵部からくる電波の強力な点滅を新たに観測した。 10/21 21:28

ICONのイメージ図(C)NASA

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、10月26日にIonospheric Connection Explorer(ICON)の打ち上げを予定している。 10/21 10:21

救助された乗組員と抱き合う家族たち(C)NASA / Bill Ingalls

2018年10月11日午前4時40分カザフスタンのバイコヌール宇宙基地から発射されたソユーズMS-10宇宙船が打ち上げ直後に異常を感知し、打ち上げが中止となる事態となった。 10/14 21:30

ケプラー1625bとその衛星のイメージ(C) NASA/ESA/L. Hustak

アメリカ航空宇宙局(NASA)は、ハッブル宇宙望遠鏡と系外惑星探査機ケプラーによって太陽系外に惑星を周回する衛星のようなものを発見した、と明らかにした。 10/13 20:18

天の川銀河から離れてゆく超高速星の軌道(赤矢印)と天の川銀河へ向かってくる超高速星の軌道(オレンジ矢印)(C) ESA (artist's impression and composition); Marchetti et al. 2018 (star positions and trajectories); NASA/ESA/Hubble (background galaxies); CC BY-SA 3.0 IGO

オランダ・ライデン大学の研究チームが欧州宇宙機関(ESA)の位置天文衛星「ガイア」の観測データから、天の川銀河付近を超高速で移動している星々を発見した。 10/07 11:42

オリオン座流星群の放射点 (c) 国立天文台

秋の流星群であるオリオン座流星群が10月21日頃にピーク(極大)を迎える。 10/03 17:08

HAKUTO-Rの最新ランダーとローバーデザイン(画像: ispaceの発表資料より)

日本の民間宇宙企業であるispaceが月周回と月面着陸の2つを目指すミッションについてアメリカの民間企業Space Exploration Technologies社(SpaceX)との間で打ち上げ契約を締結したことを発表した。 09/30 20:33

タイタンの塵嵐のイラストイメージ。(C)NASA / ESA / IPGP / Labex UnivEarthS / University Paris Diderot

土星探査機カッシーニ(2017年運用終了)のデータから、土星の衛星であるタイタンの赤道付近において巨大な塵嵐が巻き起こっていることがわかった。 09/30 09:51

Rover-1Bが撮影したカラー画像。探査機から分離直後に撮影された。右下はリュウグウ表面。(C)JAXA

小惑星探査機「はやぶさ2」に搭載されていた小型探査ローバ「MINERVA-II1」が本体から分離・降下し、本体が高度約20キロメートルのホームポジションへ復帰したことが確認された。 09/23 09:49

おとめ座NGC 4790(左)。超新星前の2001年撮影(右上)と2013年撮影(右下)。(C)NASA, ESA, and J.DePasquale [STScI]

2012年に発見された超新星2012au(SN2012au)が、爆発から6年経った今なお観測可能な明るさを保っていることがわかった。 09/22 20:04

 1 2  次へ進む

広告

広告

SNSツール

RSS

facebook

zaikeishimbun

いいね!

twitter

@zaikei_main

フォロー

google+

Hatena

広告

ピックアップ 注目ニュース

広告