ホーム > ニュース一覧 > 主要(2)

主要(ページ 2)

ヴィス最高収益更新の裏に、中村社長の「ハイブリッドワーク定着」の確信

ヴィス(東証スタンダード)。時代に即応し「新たな成長段階」を歩み始めた企業である。創業者の中村勇人社長に話を聞く機会を得た。
06/16 16:38

地球自転周期の不規則変化、その原因を解明 南カリフォルニア大学

地球の自転周期は不規則に変化している。その証拠に”うるう秒”は1972年に初めて導入され、2021年までに合計27回にわたり実施されているが、その周期は一定ではなく、非常に不規則だ。
06/16 11:05

相場展望6月16日 米国株6/15の上昇は、大幅下げに対する「速度調整」 金利上昇⇒株の割高⇒株価下落シナリオの途上

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)6/13、NYダウ▲876ドル安、30,516ドル(日経新聞) ・インフレ抑制のため米連邦制度理事会(FRB)が積極的に金融引締めし、米景気が冷え込むと警戒され、米長期金利が上昇すると、幅広い銘柄に売りが加速、年初来安値更新。
06/16 08:57

【映画で学ぶ英語】『トップガン マーヴェリック』の名言5選

5月27日に公開された『トップガン マーヴェリック』は、米海軍のエリート・パイロットたちの活躍を描くアクション映画だ。
06/15 19:03

ガン領域の伸長が収益動向のカギとなる大手製薬企業の、内情を覗く

大手製薬の前3月期決算を振り返って「制癌剤」が収益動向の依然として牽引役だと実感した。
06/15 16:19

超新星爆発研究による星誕生メカニズムへのアプローチ SETI協会

超新星爆発によって、様々な物質が宇宙にばらまかれ、やがてそれらが新しい星の誕生の材料となって、次の世代の星が誕生するというシナリオはよく知られている。
06/15 11:32

manebiに学ぶ、離職率10分の1以下にした新人研修体制

manebi。企業研修システムを提供している。企業研修のプラットフォーム「playse.」事業や、人材派遣業界のeラーニング「派遣のミカタ」事業の展開が中軸。
06/14 16:05

「餃子の王将」は、1日にして成らず 創業者の足跡を辿る

王将フードサービス(プライム市場。以下王将フード)が今3月期、破竹のスタートダッシュを見せている。
06/14 07:31

株主優待廃止の企業が続々! その背景は?

個人投資家に人気だったオリックスの株主優待廃止の発表は、優待投資家に衝撃を与えた。
06/13 17:02

相場展望6月13日 米国:欧州金利上昇の余波・インフレ再燃で株下落 黒田日銀総裁で大丈夫か? 日本株支えは自社株買

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)6/09、NYダウ▲638ドル安、32,272ドル(日経新聞) ・欧州中央銀行(ECB)が6/9、7月に量的緩和を終了すると決め、+0.25%の利上げに踏み切る方針を示し、9月にも追加利上げの可能性を示唆し、金融政策の正常化による欧州景気の減速が世界景気を下押しするとの警戒が強まった。
06/13 11:21

銀行が精彩を欠くのは、顧客との接点減らしビジネスチャンスも失ったから?

景気低迷が続くと企業の設備投資意欲が低下して、経済活動が活気を失うことは経済の初歩である。
06/13 08:40

ロボアドバイザー「ウェルスナビ」、預かり資産が7000億円突破

ウェルスナビは10日、同社が運用するロボアドバイザー「ウェルスナビ」の預かり資産残高が、7,000億円を突破したと発表した。
06/12 07:54

コロナからの正常化が進む一方、経営破たんは止まらず 東京商工リサーチ

東京商工リサーチは10日、新型コロナウイルスの影響で6月に経営破たんした国内事業者数が、10日時点で88件と月間では過去最多ペースで発生していると発表した。
06/11 18:01

メドピアのかかりつけ薬局化支援「kakari」、処方箋せん送信が200万回突破

メドピア(東京都中央区)は9日、同社が運営するかかりつけ薬局化支援サービス「kakari」において、患者向けに提供しているスマホアプリを介した処方せん送信数が、累計200万回を突破したと発表した。
06/11 08:24

アルゼンチン、仮想通貨大国になれるか?

ロイター通信の報道によると、インフレ率が60%近くまで上昇している南米アルゼンチンでは、仮想通貨(暗号資産)の人気が高まっていると言う。
06/10 16:33

防犯カメラ大手の一角、あいHDとはこんな会社

防犯カメラが普及し始めたのは、1968年頃(当時は監視カメラと呼ばれていた)。防犯カメラを調べていくと、興味深い話に出会う。
06/10 07:23

相場展望6月9日 米国株は過度な悲観論が後退し、株価反発 遅れて、金利再上昇・景気後退など懸念材料膨らむ

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)6/6、NYダウ+16ドル高、32,915ドル(日経新聞) ・中国の経済正常化期待や中国当局による企業規制の懸念が和らぎ、上げ幅は一時+300ドルを超えたが、米長期金利が3%台に乗せを嫌気した売りでNYダウは伸び悩んだ。
06/09 13:58

コスモスイニシアの高木会長に覚える、事実は小説よりも奇

事実は小説よりも奇。そんな言葉を思い起こさせるビジネスマン人生を歩んできた、経営者に会った。コスモイニシア(東証スタンダード)の代表取締役会長の高木嘉幸氏。
06/09 11:01

トラック運転手が切望する、日本版ウォルマートの出現

5月22日の時事通信が『日本を襲う物流危機、3割運べず? 損失年10兆円、カギを握るDX化』と題する、岩嶋紀明記者の記事を配信した。
06/08 07:37

ブロッコリー由来の分子が肥満抑えるメカニズムを解明 東京農大ら

東京農業大学らの研究グループは、肥満を抑える成分として、ブロッコリーに含まれる分子スルフォラファンを見付け出し、その働きのメカニズムを明らかにした。
06/07 16:27

アジア最大級のPR会社:ベクトルの伸長力に株価もエールを送っている!?

電通が2月に発表した「2021年日本の広告費」によると、21年1月から12月の総広告費前年同期比10.4%増の6兆7998億円。
06/07 07:09

5年先まで使える広告代理店的プレゼンテーション術 (70)

ある晩、あなたは恵比寿の中華レストランで食事を済ませ、レジで支払いをしていました。人の気配を感じ、ふと横を見ると、なんと、週刊プレイボーイの巻頭でよく見かける「あなたの激押しグラビアアイドル」が眼前に立っていたのです。
06/06 17:10

相場展望6月6日 米インフレ退治で『景気後退のハードランディング』懸念 中国・習体制3期目の行方に注目、李首相の評価上昇

■I.米国株式市場 ●1.NYダウの推移 1)6/2、NYダウ+435ドル高、33,248ドル(日経新聞) ・米雇用統計6/2発表が市場予想を下回り、米連邦制度理事会(FRB)が積極的に引締めるとの懸念がやや和らぎ、マイクロソフトが上昇に転じたのも投資家心理を改善した。
06/06 09:43

楽天証券、クレジット決済での積立が200万人突破

楽天証券は2日、楽天カードを利用したクレジット決済投信積立設定者数が、2022年5月に200万人を突破したと発表した。
06/05 07:21

実施企業減少傾向とされる、「株主優待策」の現状と今後の一考察

「株主優待投資」と言えば、桐谷広人氏。元プロ棋士、7段。1度だけ経済誌主催の講演会で、話を聞く機会があった。
06/04 06:58

前へ戻る   1 2 3 4 5 6 7  次へ進む