ホンダ「シビック」の50周年記念展示、「ウエルカムプラザ青山」で

2022年7月3日 16:46

印刷

シビック最新モデルである11代目e:HEV(画像: 本田技研工業の発表資料より)

シビック最新モデルである11代目e:HEV(画像: 本田技研工業の発表資料より)[写真拡大]

 ホンダ本社ビルにあるショールーム「ウエルカムプラザ青山」(港区南青山)では、7月1日から30日までの間、ホンダ・シビックの50周年記念展示「50th ANNIVERSARY CIVIC」が開催されている。

【こちらも】ホンダ、「シビック e:HEV」を7月1日発売 ハイブリッドの進化でスペック向上

 展示では、シビックの歴代モデルに加えて、デザインスケッチなども公開。展示車両は2部制になっており、22日までの第1部では、初代シビックが登場。他に、3代目のワンダーシビック、5代目、7代目などが加わる。9代目シビックタイプRや11代目も公開されている。11代目には2022年7月1日に登場したばかりのシビック e:HEVもラインアップに加わっている。

 第2部は23日から31日までの予定で、初代シビックRSが登場。他に、2代目の通称スーパーシビック、4代目のグランドシビックも公開される。6代目や8代目、10代目も登場。11代目はガソリンモデルとe:HEVの2種類が引き続き登場する。

 ウエルカムプラザ特別企画として、「#推シビック総選挙」も開催中だ。Twitterで「#推シビック総選挙」のハッシュタグをつけ、好きなシビックの世代をツイートすると投票できる。7月2日13時~25日には、MILES Honda cafeでソフトクリームを買うと、Twitterの投稿と引き換えに好きなシビックの世代に投票できる。

関連キーワード

関連記事