新作「サンダーバード55/GOGO」場面写真公開 庵野秀明、黒柳徹子ら喜びの声

2021年11月1日 16:10

印刷

エピソード1より(左から)ジェフ・トレーシー、レディ・ペネロープ、ペネロープ家の執事パーカーThunderbirds TM and © ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.

エピソード1より(左から)ジェフ・トレーシー、レディ・ペネロープ、ペネロープ家の執事パーカーThunderbirds TM and © ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.[写真拡大]

  • エピソード2よりサンダーバード2号Thunderbirds TM and © ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.
  • エピソード3よりパーカー(左)とレディ・ペネロープThunderbirds TM and © ITC Entertainment Group Limited 1964, 1999 and 2021. Licensed by ITV Studios Limited. All rights reserved.

 シリーズ54年ぶりの新作「サンダーバード55/GOGO」(監督スティーブン・ラリビエーほか)が2022年1月7日公開、1月8日からオンライン上映となるが、同作を構成する3エピソードの物語と場面写真が公開された。

【こちらも】「サンダーバード55/GOGO」特報公開 樋口真嗣が構成担当に決定

 サンダーバードは、大富豪ジェフ・トレーシーが設立し総司令を務める秘密組織「国際救助隊」が、スーパーメカのサンダーバードを駆使して危機に瀕した人々を救う様を描く英国発のSF人形劇。スーパーマリオネーションと呼ばれる独自の特撮技術や、こだわりのメカデザインなどで日本を含む世界中で熱狂的なファンを獲得した。

 「サンダーバード55/GOGO」は、テレビ放送開始55周年プロジェクトの目玉企画で、日本語劇場版は、樋口真嗣監督(56)が構成を担当。

 解禁された新作を構成する内容は、「サンダーバード登場」と題したエピソード1で、美貌の女性レディ・ペネロープがジェフに招待された秘密の島で、サンダーバード1号から5号を目撃したことから組織に加わり国際救助隊が本格稼働する。エピソード2「雪男の恐怖」では、ウラン工場爆破事件発生と雪男の目撃情報をキャッチしたが、実は国際救助隊の宿敵による罠でペネロープらが危機に陥る。エピソード3「大豪邸、襲撃」では、豪邸を狙う連続強盗事件の解決に乗り出す。公開された各話1点の場面写真では、サンダーバード2号出動の様子などが見られる。

 またシリーズの熱烈ファンの著名人、関係者から新作公開に向けてコメントが寄せられた。「サンダーバード」TVシリーズのダイジェスト版「シン・コンプリート・サンダーバード」(スターチャンネル配信、2022年予定)の構成・編集も担当する庵野秀明監督(61)は、「当時の映像の再現に徹底的に固執する制作コンセプトに、オリジナルに対する半端ない敬愛を感じ、素直に痺れる」。TVシリーズ放送時、初代ペネロープの声を担当した女優で司会者の黒柳徹子(88)は「困ってる人たちのために出動する『サンダーバード』はとにかく。カッコ良くておしゃれ!」とコメントしている。

 漫画家の江口寿史氏(65)は「2号の格納メカが好きでプラモデル作ったなぁ。大人になった眼で観られることに期待がふくらんでいる!」と興奮気味。ロック歌手の大槻ケンヂ(55)は「子供の頃に観たカッコ良さといったら、奇蹟や神話に遭遇したかの衝撃だった」。「マクロス」シリーズなどで知られるアニメ監督の河森正治氏(61)も「6歳の時初めて観てドハマリ。よりオリジナルに近いカタチで復活する新作が楽しみ」と、それぞれ出会いからのシリーズ愛を熱く語っている。(記事:斉藤蓮・記事一覧を見る

関連キーワード

関連記事