GM、Chevrolet Bolt EV駐車時には他車から安全な距離を バッテリー発火の恐れ

2021年9月20日 11:38

印刷

記事提供元:スラド

バッテリー発火の可能性により 2 回リコール発表されている Chevrolet Bolt EV について、GM のコンシェルジュが他の車両から 50 フィート以上離して駐車することを推奨しているそうだ (Mashable の記事SlashGear の記事Bloomberg の記事)。

リコールでは欠陥バッテリーを交換する計画だが、交換用のパーツが用意できるまではオーナー自ら注意する必要がある。リコールページではバッテリー残量が 27 % ~ 90 % の範囲に収まるよう充電・走行することや、一晩中充電したままにせずに充電完了後は屋外に駐車することが推奨されている。しかし、指示通り屋外に駐車していた Bolt EV が爆発して両隣の車を焼く事故も先日発生した。

他の車両との安全な距離はリコールページに記載されておらず、専用の問い合わせ番号に電話をかけて駐車に関する質問をした場合にコンシェルジュが教えてくれる情報だという。GM の広報担当者はこの情報をリコールページに記載する予定はないと Mashable に説明したが、その理由は説明しなかったとのことだ。 

スラドのコメントを読む | ITセクション | ハードウェア | 電力 | スラッシュバック | バグ | 交通

 関連ストーリー:
GM の指示通り屋外に駐車していた Chevrolet Bolt EV、爆発して両隣の車も焼く 2021年09月04日
バッテリー発火の可能性による Chevrolet Bolt EV のリコール、対象が 2022 年式まで拡大 2021年08月22日
リコール修理後にもバッテリー発火の可能性がある Chevrolet Bolt EV 、新たなリコールが発表される 2021年07月25日
バッテリーから発火の可能性により米国でリコールされた Chevrolet Bolt EV、修理後も発火の可能性 2021年07月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワード

関連記事