ハマキョウレックス 1Qは増収・2ケタ増益、両事業が好調に推移

2021年8月2日 18:27

印刷

記事提供元:フィスコ


*18:27JST ハマキョウレックス---1Qは増収・2ケタ増益、両事業が好調に推移
ハマキョウレックス<9037>は7月30日、2022年3月期第1四半期(21年4月-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比6.9%増の306.11億円、営業利益が同23.1%増の29.14億円、経常利益が同23.3%増の30.71億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同17.0%増の18.00億円となった。

物流センター事業の営業収益は前年同期比10.0%増の187.60億円、営業利益は同20.0%増の23.89億円となった。増収増益の主な要因は、物流センター運営の充実と新規に受託したセンターが順次業績に寄与したことによる。また、新規受託の概況としては3社の物流を受託しており、3社のうち2社が稼働、残り1社は2021年7月以降の稼働を目指し準備を進めている。なお、物流センター施設の総数は、125センターとなっている。

貨物自動車運送事業の営業収益は前年同期比2.3%増の118.51億円、営業利益は同39.7%増の5.23億円となった。営業収益は、新型コロナウイルス感染症の影響等で大きく落ち込んでいた特別積み合わせ事業の物量が回復傾向にあることにより、増収となった。営業利益は、燃料単価上昇による影響はあったが、営業収益の増加や積載率の向上に取組んだ結果、増益となった。

2022年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比5.2%増の1,250.00億円、営業利益が同4.1%増の110.00億円、経常利益が同5.4%増の115.00億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同5.0%増の67.50億円とする期初計画を据え置いている。《ST》

関連記事