ルノー、現行型カングーに最後の限定車「リミテッド ディーゼル MT」 400台限定で

2021年7月5日 07:45

印刷

カングー リミテッド ディーゼル MT(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)

カングー リミテッド ディーゼル MT(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)[写真拡大]

  • カングー リミテッド ディーゼル MT(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)
  • 6MT シフトレバー(画像: ルノー・ジャポンの発表資料より)

 ルノー・ジャポンは1日、「カングー」にクリーンディーゼルエンジンとマニュアルトランスミッションを搭載した限定車「カングー リミテッド ディーゼル MT」を設定し、400台限定で7月8日から販売すると発表した。価格は282万円(消費税込)。現行型のカングーとしては最後の限定車となる。

【こちらも】ルノー、トゥインゴに特別仕様車「バイブス」 3色の専用ボディカラー

■カングー リミテッド ディーゼル MTの概要

 カングー リミテッド ディーゼル MTは、1.5Lディーゼルターボエンジンを搭載。組み合わされるトランスミッションは、ディーゼルエンジン用にギヤ比がチューニングされ、最適化された6MTとなっている。

 1.5Lディーゼルターボエンジンは、低回転から発生する強大なトルクが特徴となっており、最高出力116ps、最大トルク260N・mを発揮する。ガソリンモデルと比べると最大トルクは約70N・mほどアップしている。

 システムとしてはNoxを除去する尿素SCR、フィルター内に閉じ込めPM(すす、煤煙)に閉じ込めて約99%を除去するディーゼルパティキュレートフィルター、高圧かつきめ細かい燃料噴射を行うことで燃焼効率を向上する最新のコモンレールシステムを備えている。これらによる燃費はWLTCモードで19.0km/Lとなっている。

■専用装備

 専用装備も用意されており、ブラック塗装されたフロントバンパー、リアバンパー、ドアミラーやボディと同色のフロントグリルプレート(ソリッドのみ)、ブラック塗装されたホイールセンターキャップとホイールボルトカバー、”LIMITED”専用バッジ、LEDデイタイムランプとバックソナーが装備されている。

■エクステリアカラー

 カングー リミテッド ディーゼル MTは、全6色のエクステリアカラーを用意。グリ アーバン、ノワール メタルM、ブルー エトワールM、グリ ハイランドM、ルージュ ビフ、ジョン ラ・ポストから選択できる。(記事:キーパー・記事一覧を見る

関連キーワード

関連記事