App Storeの高収益アプリトップ1000、2%近くが詐欺アプリ

2021年6月9日 08:31

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 The Washington Postの調べによると、AppleのApp Storeで高収益アプリ上位1,000本のうち2%近くが「フリースウェア」とも呼ばれる詐欺アプリだったそうだ(The Washington Postの記事Mac Rumorsの記事9to5Macの記事)。

フリースウェアとは定期課金により機能に見合わない高額な利用料を請求する詐欺アプリを指し、試用期間に課金情報の登録を求めてキャンセルを忘れたユーザーに課金し続けたり、メジャーブランドを騙ったりするものもあるという。こういったアプリはマルウェアとはいえないため、金品を巻き上げるという意味の「fleece」を使った「フリースウェア」という用語が考案されたとのこと。

App Store Reviewガイドラインでは不当に高い金額を請求するアプリが禁じられており、2月には高額課金アプリへの対策を開始したとも報じられているが、フリースウェアは少額な課金を繰り返すことで規制を迂回しているようだ。The Washington Postの分析により発見されたフリースウェアは18本。Appfiguresによれば、これらのアプリは公開以降の合計で4,800万ドルをユーザーから騙し取ったと推定されるという。そのうち30%は手数料としてAppleに入ることになる。Appleは通報を受けて18本のうち3分の2をApp Storeから削除したそうだ。

 スラドのコメントを読む | アップルセクション | ソフトウェア | アップル | iOS | お金

 関連ストーリー:
欧州委員会、AppleがApp Storeにおける支配的な立場を悪用して音楽ストリーミング市場を歪めているとの見解 2021年05月03日
ロシア連邦反独占庁、App Storeでの反競争行為でAppleに13億円超の制裁金 2021年05月01日
Apple、App Storeで不当に高額な課金をするアプリへの対策を開始か 2021年02月22日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードAppleマルウェアMac

関連記事