“箔と写真”を融合&葛飾北斎にオマージュを捧ぐ織作峰子写真展、東京・フジフイルム スクエアで

2021年5月14日 08:50

小

中

大

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 フジフイルム スクエア 企画写真展 織作峰子写真展「ハク グラフィー オマージュ トゥ ホクサイ(HAKU graphy Hommage to Hokusai)~悠久の時を旅して~」が、東京・六本木のフジフイルム スクエア内 富士フイルムフォトサロン 東京にて2021年7月21日(水)から8月19日(木)まで開催される。

■日本の伝統工芸“箔”と写真の融合を試みてきた織作峰子の写真展

 織作峰子は、2017年に純金やプラチナ、銀、アルミ箔などを用いた写真作品「HAKU graphy」を発表して以来、日本の伝統工芸である箔と写真の融合を試みてきた写真家。世界各国の美しい風景や人物の瞬間を撮り続けている。

■葛飾北斎の「冨嶽三十六景」と同位置で富士山を撮影

 そんな織作峰子の写真展「ハク グラフィー オマージュ トゥ ホクサイ~悠久の時を旅して~」では、浮世絵師・葛飾北斎のオマージュとして、「冨嶽三十六景」の作品が描かれたポイントで撮影した富士山の写真を展示。いずれも、デリケートな箔に富士フイルムのラージフォーマットデジタルカメラGFXで撮影した写真をプリントした綺羅びやかな作品だ。

 なお、同期間中は富士フイルムフォトサロン 東京スペース1、2で、フジフイルム スクエア 企画写真展「日本人の魂・冨嶽今昔(こんじゃく)三十六景」~北斎と4人の巨匠たち~も開催されるので、岡田紅陽、白簱史朗、竹内敏信、大山行男が撮影した富士山の写真と併せて楽しむことができる。

■詳細

 フジフイルム スクエア 企画写真展 織作峰子写真展「ハク グラフィー オマージュ トゥ ホクサイ~悠久の時を旅して~」
開催期間:2021年7月21日(水)~8月19日(木)
時間:10:00~19:00(最終日は16:00まで、入館は終了10分前まで)
※会期中無休
※ 写真展・イベントはやむを得ず中止・変更する場合がある。事前確認を推奨。
開催場所:フジフイルム スクエア内 富士フイルムフォトサロン 東京 スペース3
住所:東京都港区赤坂9丁目7番3号(東京ミッドタウン・ウエスト)
TEL:03-6271-3350
入場料:無料
作品点数:約20点(予定)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード富士フイルム東京ミッドタウン浮世絵

関連記事

広告