NASAの火星ヘリコプターが5回目の飛行を完了、新しい飛行場に移動

2021年5月11日 08:27

印刷

記事提供元:スラド

headless 曰く、 NASAの火星ヘリコプターIngenuityが日本時間8日、5回目の飛行を完了した(JPL Newsの記事動画)。

Ingenuityは日本時間4時26分(火星時間12時33分)に最初の飛行場Wright Brothers Fieldを離陸し、108秒間飛行して129m南の新しい飛行場に着陸した。新しい飛行場の上空ではこれまでの最高高度となる10mまで上昇したという。新しい飛行場は地球以外で初の「偵察飛行」となった4回目の飛行で収集した情報をもとに選定された。この偵察飛行で生成されたデジタル高度マップは、ほぼ完全に平らな地形でほぼ何も障害物のない場所であることを示しているとのこと。

5回目の飛行を終えたIngenuityは運用デモの段階に移行し、偵察や探査車ではいくことのできない場所の上空からの観測、大気のある高度からの詳細なステレオイメージ作成など、火星でヘリコプターがどのように役立つかを確認することに注力する。今後もさらに新しい飛行場を選定して片道飛行を実施する計画で、さらに正確なマヌーバーも要求される。いずれは火星探査車Perseveranceの探査ペースを落とすことなくIngenuityを飛ばせるようにする計画で、今後数週間かけて2回ほどの飛行を行い、評価を行うとのことだ。

なお、4回目の飛行は音声付き動画が公開されている。動画はPerseveranceが撮影したもので、音声はSuperCam搭載マイクにより収音したという。火星でさまざま「史上初」の音声録音を行っているPerseveranceだが、今回の音声は地球以外の惑星上で宇宙機が別の宇宙機の発する音声を史上初めて録音したものとなる。

 スラドのコメントを読む | サイエンスセクション | 火星 | サイエンス | NASA

 関連ストーリー:
NASAの火星ヘリコプターIngenuity、飛行デモは次の段階へ 2021年05月04日
NASAの火星ヘリコプター、地球以外の惑星で史上初の動力飛行に成功 2021年04月20日
NASAの火星ヘリコプター、月曜日の初飛行を計画 2021年04月18日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードNASA火星

関連記事