東京為替:ドル・円は下げ渋り、日本株高で円買い後退

2021年4月15日 12:06

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*12:06JST 東京為替:ドル・円は下げ渋り、日本株高で円買い後退

15日午前の東京市場でドル・円は小幅に下げた後、値を戻す展開。早朝の取引で109円に接近した後に108円80銭付近に失速した。その後は日経平均株価がプラスで推移し、日本株の反転で円買いは弱まった。また、全般的にドル買いに振れやすく、ドル・円は下値が堅そうだ。


ここまでの取引レンジは、ドル・円は108円81銭から108円98銭、ユーロ・円は130円35銭から130円57銭、ユーロ・ドルは1.1972ドルから1.1990ドル。

【要人発言】
・黒田日銀総裁
「国内景気は厳しい状況にあるが、基調としては持ち直している」
「感染症の影響を注視し、必要ならちゅうちょなく追加緩和」

【経済指標】
・豪・3月失業率:5.6%(予想:5.7%、2月:5.8%)
・豪・3月雇用者数増減:+7.07万人(予想:+3.50万人、2月:+8.87万人)《TY》

関連記事

広告