リテールP 大幅反落、今期の大幅減益見通しをマイナス視

2021年4月14日 13:58

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*13:58JST リテールP---大幅反落、今期の大幅減益見通しをマイナス視
リテールP<8167>は大幅反落。前日に21年2月期決算を発表、営業利益は83.8億円で前期比87.7%増益となっている。従来予想の62.5億円を大幅に上回る着地となっている。衛生用品や「すごもり消費」からの内食需要の高まりで、食料品・日用品の販売が好調だったもよう。一方、22年2月期は55億円で同34.4%減益の計画。反動減は想定されていたものの、想定以上の減益見通しを弱材料視する動きが優勢に。《ST》

関連記事

広告

財経アクセスランキング