日本製紙は4月からの「長持ちロール」移行など注目され出直り継続

2021年4月5日 09:42

小

中

大

印刷

記事提供元:日本インタビュ新聞社

■トイレットロールすべて長尺化し輸送コストなど削減に

 日本製紙<3863>(東1)は4月5日、続伸基調で始まり、取引開始後は1339円(12円高)まで上げて4月1日の直近安値1307円から出直り継続となっている。

 「クリネックス」や「スコッティ」のトイレットロールを4月1日からすべて長尺化にシフトし、環境や暮らしへのさまざまなベネフィットを持つ「長持ちロール」に移行すると3月末に発表。コスト削減にもつながるとみられている。製紙各社とも同様の取組を強めるもようで、製紙株は総じて高い。

 発表によると、「スコッティ・フラワーパック3倍長持ちロール」の場合、輸送に係るCO2排出量を従来品よりも約41%削減することができるという。家庭でも収納スペース削減、ロール取り換え回数の減少につながるとした。(HC)(情報提供:日本インタビュ新聞社=Media-IR)

【関連記事・情報】
【注目銘柄】テクノフレックスは市場予想を上回る増益転換業績を見直し3連騰(2021/03/10)
【特集】ビジネスチャンスが期待される「都市鉱山」株に注目(2021/03/10)
ミロク情報サービスは下値固め完了、21年3月期利益は再上振れの可能性(2021/03/19)
ベステラは上値試す、22年1月期大幅増益予想、脱炭素化で老朽化プラント解体工事増加(2021/03/23)

※この記事は日本インタビュ新聞社=Media-IRより提供を受けて配信しています。

関連記事

広告