大阪金概況:下落、堅調なドル相場や米長期金利の高止まりを反映

2021年3月31日 16:05

小

中

大

印刷

記事提供元:フィスコ


*16:05JST 大阪金概況:下落、堅調なドル相場や米長期金利の高止まりを反映
大阪取引所金標準先物 22年2月限・日中取引終値:6010円(前日日中取引終値↓30円)

・推移レンジ:高値6011円-安値5982円

31日の大阪取引所金標準先物(期先:22年2月限)は下落した。ドルの総合的な価値を示すドルインデックスが引き続き堅調で、ドルの代替投資先とされる金は売られやすい地合いだった。また、昨日の海外市場で上昇した米長期金利が高止まって推移し、ドルの代替投資先とされる金に資金が向かいにくく、こうした動きを映し、今日の金先物は売り優勢の展開となった。《FA》

関連記事

広告