IPA、政府の調達に適したクラウドサービスのリストを公開

2021年3月17日 18:00

印刷

記事提供元:スラド

情報処理推進機構(IPA)は12日、政府情報システムのためのセキュリティ評価制度[通称ISMAP])に準拠したクラウドサービスのリストを公開した(ISMAP概要政府情報システムのためのセキュリティ評価制度(ISMAP)について[PDF])。ISMAPは政府が利用する民間クラウドサービスに対し、セキュリティ要求を満たしているかを予め評価しておくことで、円滑にクラウドサービスを導入できるようにするもの。これまで各省庁が調達ごとに評価していた手間を省略できるとしている。この制度ではIPAは運用や実務、安全性評価などの実務を担当するという。リストは四半期ごとに更新されるとしている(IPA日経クロステック)。

現在審査を経て登録されているクラウドサービスは以下の10社となる(ISMAP: ISMAPクラウドサービスリスト)。[NTTデータ] OpenCanvas(IaaS) 
 [富士通] FUJITSU Hybrid IT Service FJcloud 
 [Google] Apigee Edge 
 [Google] Google Cloud Platform 
 [Google] Google Workspace 
 [セールスフォース・ドットコム] Salesforce Services 
 [セールスフォース・ドットコム] Heroku Services 
 [Amazon Web Services] Amazon Web Services 
 [NEC] NEC Cloud laaS 
 [KDDI] KDDIクラウドプラットフォームサービス 

スラドのコメントを読む | ITセクション | クラウド | IT | 政府

 関連ストーリー:
監視カメラサービスがハッキングを受ける。企業や病院、警察、刑務所など15万台以上の映像が流出 2021年03月12日
Microsoft、Windowsの更新プログラムで問題の発生した部分だけをロールバックできる「Knows Issue Rollback」の仕組みを解説 2021年03月07日
日本のデジタル人材は追加で2950万人が必要。AWS発表 2021年03月03日

※この記事はスラドから提供を受けて配信しています。

関連キーワードGoogleNEC富士通クラウドKDDIAmazonNTTデータ

関連記事