三陽山長の新作シューズ「プレステージライン」“ビスポークシューズ並み”に拘ったストレートチップなど

2021年3月12日 17:35

印刷

記事提供元:ファッションプレス

 三陽山長(Sanyo Yamacho)から新作シューズコレクション「プレステージライン」が、2021年3月10日(水)より直営店などで発売される。

■三陽山長のハイクオリティライン「プレステージライン」とは?

 「プレステージライン」は、三陽商会が展開する紳士靴ブランド・三陽山長の創業20周年を迎える2021年に誕生した、特別なコレクションだ。展開されるシューズは、革から仕上げに至るまで、ビスポークシューズに迫るクオリティを追求している。

 シューズのアッパーとライニングに、フランスの老舗タンナー「ハース(HAAS)」のボックスカーフレザーを使用。ドイツの名門タンナー「マルティン(MARTIN)」のオークバークレザーを使用したソールを組み合わせている。

■ストレートチップシューズ「謹製 友二郎」

 今回、そんな「プレステージライン」から、3型のレザーシューズが登場。「謹製 友二郎」は、三陽山長を代表するストレートチップをベースにしたモデル。上質な素材とビスポーク仕立てによって、通常のラインとは一線を画す1足だ。土踏まず部分を絞り込んだセミべヴェルドウエスト仕様を採用することで、つま先から踵にかけて、美しい曲線を描いている。

■ホールカットシューズ「謹製 勇一郎」

 「謹製 勇一郎」は、継ぎ目のないホールカットシューズ。1枚の革で形成した美しいアッパーを際立たせるべく、厚さ1ミリほどの革の断面を縫い合わせる「スキンステッチ」で仕上げた。上質な素材だけでなく、日本の靴職人の技術力の高さが光る1足だ。

■ダブルモンクシューズ「謹製 源四郎」

 ダブルモンクシューズの「謹製 源四郎」は、トゥ部分を贅沢に一枚仕立てで構成。また、一文字を立体感のある「つまみ縫い」で表現するなど、細部にまでこだわり仕上げている。

【詳細】
プレステージライン
発売日:2021年3月10日(水)
販売店舗:直営5店舗、オンラインストア「サンヨー・アイストア」

■商品詳細

・謹製 友二郎
サイズ:6.5(24.5cm)~9.0(27.0cm)
価格:143,000円(税込)
・謹製 勇一郎
サイズ:6.5(24.5cm)~9.0(27.0cm)
価格:143,000円(税込)
・謹製 源四郎
サイズ:6.5(24.5cm)~9.0(27.0cm)
価格:143,000円(税込)

■店舗情報

日本橋髙島屋S.C.店
住所:東京都中央区日本橋2-5-1 新館5階
TEL:03-6281-9857
東京ミッドタウン日比谷店
住所:東京都千代田区有楽町1-1-2 2階
TEL:03-6812-7130
玉川髙島屋S・C店
住所:東京都世田谷区玉川3-17-1 南館5階
TEL:03-5491-2347
ミッドランドスクエア店
住所:愛知県名古屋市中村区名駅4-7-1 3階
TEL:052-561-5315
伊勢丹新宿店
住所:東京都新宿区新宿3-14-1 メンズ館地下1階
TEL:03-3352-1111

【問い合わせ先】
三陽商会 カスタマーサポート
TEL:0120-340-460
受付時間:10:00~17:30(平日のみ) ※緊急事態宣言中 11:00~17:00(平日のみ)

※本記事はファッションプレスニュースから配信されたものです。ファッションプレスでは、ブランド、デザイナー情報、歴史などファッション業界の情報をお届けしています。

関連キーワード

関連記事